ニュース

peleの後身バンド+唄心SSWが合体した「VOLCANO CHOIR」、世界で唯一のライブツアー

Kanye Westのニューアルバムにボーカリストとして全面参加し話題を呼んだBON IVERと、peleのメンバーから派生したバンドCOLLECTIONS OF COLONIES OF BEESによるプロジェクト「VOLCANO CHOIR」の来日ツアーが、11月8日よりcontrarede主催で行われる。

VOLCANO CHOIRは、2009年にアルバム『UNMAP』をリリース。唄心に溢れまくるBON IVERのエモーショナルなボーカルと、COCOBのミニマルかつアグレッシブなポストロックサウンドが見事融合した感動的な仕上がりは、各方面でその年のベストアルバムに選出されるなど、高い評価を獲得した。

あくまでも音源リリースを目的としたスタジオプロジェクトとして始動したため、ライブなどを行う予定がなかった同バンドだが、COCOBの日本好きも高じて、世界で唯一の最初で最後のライブツアーが、ここ日本で実現することとなった。

ツアーは、東京・大阪・名古屋での全4公演。VOLCANO CHOIRに加え、COCOB単体でのライブも行われる。なお、pele時代からのオリジナルドラマーであるJon Muellerが今回の来日ツアーを持って脱退することが決定しているので、往年のファンにとっても見逃せないステージとなるだろう。

contrarede presents
『VOLCANO CHOIR / COLLECTIONS OF COLONIES OF BEES JAPAN TOUR 2010』

2010年11月8日(月)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷O-WEST

2010年11月9日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷o-nest

2010年11月10日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋HUCKFINN

2010年11月11日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 sunsui

出演:
VOLCANO CHOIR
COLLECTIONS OF COLONIES OF BEES

料金:前売4,500円 当日5,000円(1ドリンク別)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い