ニュース

町田康、小沼純一らが鈴木清の世界を言葉で巡る、特設サイト公開中

12月19日まで東京・東京国立近代美術館で開催中の展覧会『鈴木清写真展 百の階梯、千の来歴』の特設サイトで、鈴木清の作品にインスパイアされた書き下ろしのエッセイが公開されている。

写真作品を生み出すだけでなく、生前に出版された自身の写真集をほぼすべて自費出版で制作するなど、レイアウトから編集まで独自の世界観を展開した鈴木清。そんな彼の作家性や作品を顧みるうえで、「書物」は重要なキーワードといえるだろう。

展覧会の開催にあわせて鈴木の作品にエッセイを添えたのは、町田康(小説家)、小野正嗣(フランス語圏文学研究者)、小沼純一(音楽・文化批評家)、石川直樹(写真家)の4名。それぞれのエッセイがもつキーワードは、様々な要素が交錯する鈴木の作品世界を読みとくヒントになりそうだ。

現在は、3つのエッセイが公開中。特集の最後を飾る石川のエッセイは11月中の掲載を予定している。

『鈴木清写真展 百の階梯、千の来歴』

2010年10月29日(金)~12月19日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 ギャラリー4(2F)
時間:10:00~17:00(金曜日は10:00~20:00)※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日
料金:一般420円 大学生130円

(画像上:鈴木清〈夢の走り〉より 1983年、画像中:鈴木清〈流れの歌〉より 1971年、画像下:鈴木清〈天幕の街〉より 1982年頃)

鈴木清〈夢の走り〉より 1983年
鈴木清〈夢の走り〉より 1983年
鈴木清〈流れの歌〉より 1971年
鈴木清〈流れの歌〉より 1971年
鈴木清〈天幕の街〉より 1982年頃
鈴木清〈天幕の街〉より 1982年頃
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる