ニュース

真利子監督の劇場デビュー作『イエローキッド』、仏ナント映画祭に正式出品

真利子哲也監督の劇場デビュー作として今年1月に公開された『イエローキッド』が、11月23日からフランスで開催される『ナント三大陸映画祭』の『Official Selection - Out of competition』に正式出品されることが決定した。

『ナント三大陸映画祭』は、アジア、アフリカ、南アメリカの3大陸の作品に特化し、商業映画からアート映画まで幅広いジャンルの作品を紹介する映画祭。ホウ・シャオシェン監督やアッバス・キアロスタミ監督、ジャ・ジャンクー監督らをヨーロッパで初めて紹介したことでも知られている。また、過去には是枝裕和監督の『ワンダフルライフ』がグランプリにあたる金の気球賞を受賞するなど、日本の映画作家とも縁の深い映画祭だ。

『イエローキッド』は、漫画家の服部がボクサー志望の青年・田村をキャラクターモデルにしたことをきっかけに、服部の描く世界と田村の生きる世界が交錯しはじめるストーリー。わずか200万円の製作費で作られたことでも話題を集めた。

3大陸から寄せられた数多くの映画から、正式出品作品となったのはわずか20作品。『イエローキッド』は日本からの上映作品として唯一の選出作品になった。また、11月26日の上映日を前に真利子監督が渡仏することも決定したという。

真利子監督は「頭の中から動き出した小さなことが、気がつけばフランスまで届きました。それだけでも今のぼくにはとても嬉しいことで、次回作への活力になります。ディレクターさんからいただいた『発見』という言葉以上の褒め言葉はないと思います。それに応えられるように、自分のモチベーションを高めたいと思います」とコメントしている。

(画像下:真利子哲也監督)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる