ニュース

「変身-変容」をテーマにアートと人類学が出会う、『トランスフォーメーション』展

「変身-変容」をテーマに人間とそうでないものとの境界を探る展覧会『トランスフォーメーション』が、東京・清澄白河の東京都現代美術館で2011年1月30日まで開催されている。

変身をテーマとするイメージや芸術は、これまでにも多く制作されており、特に日本では、昔話から現代の漫画やアニメのキャラクターまで豊かなイメージが溢れている。同展では、現代のインターネットやグローバル経済、テクノロジーの発達により、従来の社会に属する「人間」という形そのものを「ぶれはじめたもの」として見つめ、それらが変容することでかつてないほどの多様性が生まれると捉えている。

同展は、著書『対称性人類学』などで知られる人類学者の中沢新一と、美術評論家の長谷川祐子による共同企画。動物や機械、想像上の生き物、異なる遺伝子組成をもつ体など、人と「そうでないもの」の間を横断する多様なイメージが、絵画、彫刻、映像、アーカイブ、シンポジウムなどを通して紹介される。

ヤン・ファーブル自身による日本へのオマージュを込めた衝撃のパフォーマンスなど同展のための特別パフォーマンスのほか、レディー・ガガにも影響を与えたマシュー・バーニーの代表作『クレマスター3』の彫刻や写真が日本で初公開され、そこで表現される「変身-変容」する形は、見る者の夢や希望、そして恐れをひとつの予兆として映し出す。

CINRA.NETでは、『トランスフォーメーション』の招待券を10組20名様にプレゼントいたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名を「トランスフォーメーション招待券応募」とし、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2010年12月8日)

東京アートミーティング
『トランスフォーメーション』

2010年10月29日(金)~2011年1月30日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館
時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)

出品作家:
AES + F
マシュー・バーニー
サイモン・バーチ
フランチェスコ・クレメンテ
マーカス・コーツ
ヤン・ファーブル
ガブリエラ・フリドリクスドッティ
石川直樹
バールティ・ケール
イ・ブル
小谷元彦
及川潤耶
ジャガンナート・パンダ
パトリシア・ピッチニーニ
シャジア・シカンダー
スプツニ子!
ヤナ・スターバック
サラ・ジー
高木正勝
トゥンガ
アピチャッポン・ウィーラセタクン

休館日:月曜(ただし1月3日、10日は開館、12月29日~1月1日、1月11日は休館)
料金:一般1,300円 大学・専門学校生・65歳以上1,000円 中高生650円 小学生以下無料

展覧会オフィシャルブック
『トランスフォーメーション』

2010年10月28日発売
著者:中沢新一、長谷川祐子
特別寄稿:平野啓一郎
価格:2,625円(税込)
発行:アクセス・パブリッシング

『展覧会公式iPhoneアプリ』

2010年11月下旬 リリース予定(無料)

『鼎談 中沢新一・長谷川祐子・石川直樹』

2010年12月17日(金)19:00~20:30
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 講堂(地下2階)
料金:無料(ただし当日有効のチケットが必要)
定員:先着200名
※同日は、21:00まで「トランスフォーメーション」展をご覧いただけます(チケット販売は20:30まで)

『サウンド・パフォーマンス 山川冬樹/ 及川潤耶』

2010年12月18日(土)15:00~
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 講堂(地下2階)
料金:無料(ただし当日有効のチケットが必要)
定員:先着200名

(画像上から:バールティ・ケール 《狩人と預言者》 2004 Courtesy: the Artist and Hauser & Wirth、AES+F 《最後の暴動2 トラック》 2006 ©AES+F Courtesy: Triumph Gallery, Moscow[参考図版]、スプツニ子! 《寿司ボーグ☆ユカリ》 2010 Photo: Rai Royal、ジャガンナート・パンダ 《叙事詩エピックIII》2010 Courtesy: NATURE MORTE, New Delhi)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く