ニュース

世界3大映画祭が注目するファティ・アキン監督新作は、移民達が集うレストランの物語

ハンブルクのレストランを舞台に繰り広げられる映画『ソウル・キッチン』が、2011年1月22日から東京・渋谷のシネマライズをはじめ全国で公開される。

監督は、『愛より強く』で『第54回ベルリン国際映画祭』の金熊賞、『そして、私たちは愛に帰る』で『2007年カンヌ国際映画祭』の脚本賞、そして今作で『2009年ヴェネチア国際』映画祭審査員特別賞とヤングシネマ賞を受賞し、晴れて世界3大映画祭のコンペティション部門すべてで受賞を果たしたドイツの新星ファティ・アキン。

同作の主人公は、ベルリンに次ぐドイツの大都市であるハンブルグのレストラン「ソウル・キッチン」のオーナーシェフを務めるジノス。恋人が夢を追いかけて上海に旅立ってしまったり、滞納していた税金の支払いを迫られたり、衛生局に新設備の導入を命じられたりと不運続きのジノスだったが、椎間板ヘルニアになってしまい調理ができなくなったことから頑固者の天才シェフを雇う。店は連日大繁盛し、すべてはうまく回り始めたと思った矢先に事態は思わぬ方向へ向かいだす。

『ソウル・キッチン』は、主演を務めるアダム・ボウスドウコス自身がハンブルクで経営していたレストランをモデルに描かれた作品。アダムをはじめ、監督のファティ・アキンもその店に集っており、皆で過ごした素晴らしき日々を映画に収めたいという思いから制作されたという。

劇中には、ギリシャ、トルコ、アラブなど様々な人種のキャラクターが登場。ごちゃ混ぜな音楽が響き、それぞれが自分にとってのソウルフードを味わう店「ソウル・キッチン」を舞台に、故郷とは異なる場所で暮らす移民たちの心の拠り所を描いた同作は、新時代の「郷土映画」といえるだろう。

『ソウル・キッチン』

2011年1月22日(土)よりシネマライズほか全国ロードショー
監督:ファティ・アキン
出演:
アダム・ボウスドウコス
モーリッツ・ブライプトロイ
ほか
配給:ビターズ・エンド

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている