ニュース

「裏蜷川実花」が写し出す極彩色の闇の世界、新シリーズ展『noir』

写真家の蜷川実花がこれまでの色彩感覚と正反対の表現に挑んだ個展『noir』が、東京・清澄白河の小山登美夫ギャラリーで11月27日から開催される。

雑誌や広告の撮影に加え映画監督も務める蜷川は、今最も活躍する写真家のひとり。深く濃い赤、目の覚めるようなブルー、甘美なピンクなど、蜷川作品に写る花や人物、金魚などは、見る者の感情に、非現実的な世界をも喚起するような色彩を与える。

同展は、新シリーズの「noir(ノワール=暗黒、黒)」だけで構成される初めての展覧会。これまでの蜷川とは異なりながら、それでいて根源的な面も持つ作品たちは、「裏蜷川実花」ともいえる世界を表現している。色彩の深度を強めることによって浮かび上がらせた「極彩色の闇」からは、眩しい生の世界と、深い死の世界を感じることが出来るだろう。


蜷川実花展
『noir』

2010年11月27日(土)~12月25日(土)
会場:東京都 清澄 小山登美夫ギャラリー7F
時間:12:00~19:00
休館日:日、月曜、祝日
料金:無料

『オープニングレセプション』

2010年11月27日(土)
時間:18:00~20:00

『蜷川実花 サイン会』

2010年12月18日(土)
会場:東京都 清澄 小山登美夫ギャラリー7F
時間:14:00~
※同ギャラリーまたはTKGエディションズ銀座、TKGエディションズ京都にて蜷川実花の写真集をお買い上げの方100名様に整理券を配布致します(『noir』に限りません)

作品集『noir』

2010年10月22日発売
著者:蜷川実花
価格:2,730円(税込)
発行:河出書房新社

amazonで購入する

(画像:noir, 2010 ©mika ninagawa)

noir, 2010 ©mika ninagawa
noir, 2010 ©mika ninagawa
noir, 2010 ©mika ninagawa
noir, 2010 ©mika ninagawa
noir, 2010 ©mika ninagawa
noir, 2010 ©mika ninagawa
noir, 2010 ©mika ninagawa
noir, 2010 ©mika ninagawa
noir, 2010 ©mika ninagawa
noir, 2010 ©mika ninagawa
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像