椎名林檎がマキアージュモデルで無垢さアピール、シングル曲がCM音楽に起用

東京事変が2011年の第1弾リリース作品となる両A面ニューシングル『空が鳴っている/女の子は誰でも』を2月23日にリリース。さらに、資生堂のトータルメーキャップブランド「マキアージュ」のCMモデルに椎名林檎が抜擢された。

同シングルに収録される“空が鳴っている”は、作曲を亀田誠治、作詞を椎名林檎が手がけた疾走感溢れるサウンドが特徴的な楽曲。対する“女の子は誰でも”は、椎名林檎が綴った、女性に対しての根源的な愛や慈しみにあふれるチャーミングな詩世界が、ドラマチックに広がるナンバーだ。なお、“女の子は誰でも”では、数々のドラマや映画音楽を生み出した作曲家の服部隆之が編曲を担当しており、伝統と革新性をあわせもったアレンジに仕上がっている。

椎名林檎がモデルを務めるプロモーションCM音楽には、“女の子は誰でも”が起用されており、「無垢−Virgin」をイメージした映像世界が展開されている。同CMは2月20日からオンエア予定だ。


東京事変
『空が鳴っている/女の子は誰でも』

2011年2月23日発売
価格:1,000円(税込)
TOCT-40320

1.空が鳴っている
2.女の子は誰でも

amazonで購入する

(画像上:椎名林檎「マキアージュ」テレビCMイメージ、画像中:東京事変、画像下:東京事変『空が鳴っている/女の子は誰でも』ジャケット)

  • HOME
  • Music
  • 椎名林檎がマキアージュモデルで無垢さアピール、シングル曲がCM音楽に起用

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて