生西康典のノンジャンル企画に鉄割の戊井、テニス植野ら登場、哲学のレクチャーも

アートディレクターの生西康典が企画するイベント『Slide Zone Vol.3』が、2月18日に東京・六本木スーパーデラックスにて開催される。

『Slide Zone』は、音楽家のGutevolk、美術家の田名網敬一、大竹伸朗など、多くのアーティストの映像作品・演出を手掛ける生西康典が、これまでにもKUKNACKE、CARRE、高井康生(Ahh! Folly Jet、ex.DCPRG)、半野田拓など個性的なアーティストを招き行ってきたイベントだ。

3回目となる今回は、生西が「いま一番観たい聴きたいものを集めた」と語る面々が集結。パフォーマンスグループ「鉄割アルバトロスケット」の戊井昭人による弾き語り、植野隆司(テニスコーツ)のエレキギターソロ、中野茂樹演出による舞台『長短調(または眺め身近め)』にも出演した宇都宮萌によるラップが披露されるほか、鈴木敦詞(東京フランシスカン研究所・編集委員)をゲストに迎えた哲学のレクチャーなど、独自のラインナップが展開される。

『Slide Zone Vol.3』

2011年2月18日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 六本木スーパーデラックス

出演:
戌井昭人(鉄割アルバトロスケット)
植野隆司(テニスコーツ)
宇都宮萌
DJ:東谷隆司
トーク&レクチャー:
鈴木敦詞(東京フランシスカン研究所 編集委員)
『光のMetaphysik―ロバート・グロステスト(西欧中世哲学)―』 (聞き手:東谷隆司)

料金:前売2,000円 当日2,300円(共にドリンク別)

  • HOME
  • Music
  • 生西康典のノンジャンル企画に鉄割の戊井、テニス植野ら登場、哲学のレクチャーも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて