『SYNCHRONICITY』にキセル、ムッシュかまやつ+沼澤尚ら、会場も大幅規模拡大

都市型アートフェスティバル『SYNCHRONICITY'11』が5月15日に開催されることがわかった。

同イベントは、「未来へつなぐ出会いと感動」をコンセプトに、クリエイティブチーム「-kikyu-」が企画と運営を行っているもの。これまでに、東京・渋谷O-EASTや代官山UNITを舞台に、渋さ知らズオーケストラ、ZAZEN BOYS、INO hidefumi、ROVO、トクマルシューゴ、Shing02、クボタタケシ、Shhhhhなど多彩なアーティストを招き、チケットも毎回ソールドアウトするなど好評を博してきた。

今回は規模を拡大し、神奈川の横浜ベイホール、ベイサイド横浜、タイクーンコンチネンタルという横浜のライブハウス、クラブ、レストランでの3会場同時開催となる。第1弾の出演者として、キセル、cro-magnon、ムッシュかまやつ+沼澤尚などのライブアクトが発表されたほか、VJ、ライブペインティングなどの参加も明らかになっている。

今後も、追加出演者が『SYNCHRONICITY』のウェブサイトで随時発表される。また、枚数限定の早割チケットも現在発売中だ。

『SYNCHRONICITY'11』

2011年5月15日(日)
会場:
神奈川県 横浜ベイホール
神奈川県 ベイサイド横浜
神奈川県 タイクーンコンチネンタル

ライブ:
(仮)ALBATRUS
cro-magnon
DJ MITSU THE BEATS
ムッシュかまやつ+沼澤尚
キセル
Leyona&Latyr Sy
NITORON a.k.a. ニトロン虎の巻
Ko Umehara(-kikyu-)
PERFORMANCE:SARO(-kikyu-)
VJ:
矢吹和彦(-kikyu-)
SAKKAKU
ライブペインティング:
gravity free
shina(-kikyu-)
デコレーション:大島エレク総業(Dormitory K, atombox)
and more

料金:早割チケット3,800円

(画像:『SYNCHRONICITY’10 AUTUMN』)

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 『SYNCHRONICITY』にキセル、ムッシュかまやつ+沼澤尚ら、会場も大幅規模拡大

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて