イギリスで話題のサイケデリックバンドBO NINGENが日本デビュー、初回盤にレアEP音源

ロンドンを拠点に活動するサイケデリックロックバンド、BO NINGENのデビューアルバム『BO NINGEN ボー・ニンゲン(棒人間)』の国内盤が、4月6日にリリースされる。

BO NINGEN(棒人間)は、イギリスの「STOLEN RECORDINGS」に所属する日本人男性4人組。2009年に限定リリースしたデビューEP『Koroshitai Kimochi』を、瞬く間に完売させるなど注目を集めている。また、全ての歌詞は日本語で構成されており、70年代サイケデリックを体現したような風貌、ヘビーサイケ、スペースロック、メタル、ノーウェイブ、クラウトロックの要素が混然一体となって押し寄せるグルーヴも高く評価されている。

破天荒で快楽的なパフォーマンスを披露しながら、元CANのダモ鈴木、FAUST、リディア・ランチらとの共演や、THE HORRORS、S.C.U.Mのメンバーとの別名義での活動などを経て、昨年11月にイギリスでリリースされたアルバム『Bo Ningen』は、NMEほか多くの海外メディアで好評価を獲得した。

なお、初回限定盤には現在レアアイテムと化しているデビューEP『Koroshitai Kimochi』全曲を収録したボーナスディスクが付属する。


BO NINGEN
『BO NINGEN ボー・ニンゲン(棒人間)』国内盤・初回限定盤(2CD)

2011年4月6日発売
価格:2,200円(税込)
KNR009

[DISC1]
1. 4 Seconds To Ascension
2. Yurayura Kaeru
3. Koroshitai Kimochi(reprise)
4. Gasmask Rabbit
5. Kage
6. Post Yohkai
7. Maguro(rewind)
8. Yuruyakana Ao
9. △
[DISC2]
1. Koroshitai Kimochi
2. Psychedelic Misemono Goya
3. Atami
4. Maguro
※ボーナストラック収録予定

amazonで購入する

(画像:全て「BO NINGEN」)

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • イギリスで話題のサイケデリックバンドBO NINGENが日本デビュー、初回盤にレアEP音源

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて