Jazztronik、2年半ぶりニューアルバムはYUKIボーカル曲含む『Dig Dig Dig』

野崎良太率いるミュージックプロジェクトJazztronikの2年半ぶりとなるニューアルバム『Dig Dig Dig』が、6月8日にリリースされる。

「踊る」をテーマにした同作には、映画『死刑台のエレベーター』の主題歌“ベッドタイムストーリー”や、LEXUSの新ハイブリッド車「CT200h」発表披露会の挿入歌“守破離”とボーナストラックを含む全16曲が収められる。

ボーカル陣には、“ベッドタイムストーリー”でフィーチャーされているYUKIをはじめ、JAY'ED、Maia Hirasawa、giovanca、有坂美香、AISHA、Eliana、Tommy Blaizeが参加しており、それぞれの歌声でJazztronikの音楽を彩っている。なお、アルバムタイトルの「Dig」とは、野崎がこれまで好んできたダンスミュージックをあらためて掘り返してみようという意味が込められているという。

なお、アルバム発売後には久々の全国ツアーも予定されている。続報を楽しみに待とう。

Jazztronik
『Dig Dig Dig』

2011年6月8日発売
価格:2,800円(税込)
PCCA-03414

1. Flash Light feat.JAY'ED
2. Deja vu intro
3. Deja vu feat.AISHA
4. Walk on
5. Today feat.Giovanca
6. Apathy feat.Maia Hirasawa
7. The Seventh Sense
8. Vamos la
9. Now's the time feat.Tommy Blaize
10. Dare feat.Mika Arisaka & Eliana
11. 守破離
12. Resolver
13. Humming Bird feat.Mika Arisaka & Eliana
14. Epiloque ~ march of the toys ~
15. ベッドタイムストーリー
16. BRA.Steppers feat.Rob Gallagher(ボーナストラック)

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • Jazztronik、2年半ぶりニューアルバムはYUKIボーカル曲含む『Dig Dig Dig』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて