イケムラレイコ日本初回顧展、静けさと情動的な強さ含む作品で「うつろい」を表現

美術家・イケムラレイコの日本初回顧展『うつりゆくもの』が、8月23日から東京・竹橋の国立近代美術館で開催される。

イケムラレイコは、ドイツとスイス、日本を中心に活動を展開する美術家。彼女の手がける作品は絵画、彫刻、ドローイングなど多岐にわたり、それらからは西洋的感覚と東洋的感覚を行き来する作家の意思を垣間みる事ができる。幽霊とも思えるような存在をつくるのは、「うつりゆくもの」への関心をもっているからだといえるだろう。

同展では、ドイツのアトリエで制作された日本初公開となる作品を中心に、新作を含む約145点を展示。メインビジュアルを写真家・川内倫子がドイツで撮影したほか、カタログ、ポスターなどのデザインを中島英樹が担当。展示デザインには建築家のフィリップ・フォン・マットが全面的に協力している。

また、同展の特設サイト「イケムラレイコ Side B」が7月末にオープン予定。イケムラと作家・川上弘美の特別対談や特設サイトでしか見られない画像やテキストが公開され、会期中にも随時更新される予定だ。展覧会をさらに楽しむべく、是非あわせてチェックしてみよう。


『イケムラレイコ うつりゆくもの』

2011年8月23日(火)~10月23日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館
時間:10:00~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜(9月19日、10月10日は開館)、9月20日、10月11日
料金:一般850円 大学生450円 高校生以下無料

シンポジウム
『芸術におけるエコロジー』

2011年8月27日(土)13:00~15:00
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館
出演:
イケムラレイコ
加須屋明子(京都市立芸術大学准教授)
保坂健二朗(同展企画者)

『ギャラリートーク』

2011年9月17日(土)、10月15日(土)、10月22日(土)13:00~14:00
会場:東京都 東京国立近代美術館
出演:保坂健二朗

(画像上から:イケムラレイコ《黒に浮かぶ》1998-99年、豊田市美術館 撮影:林達雄、イケムラレイコ《赤の中の青い人物像》2007年、個人蔵 photo: Philipp von Matt、イケムラレイコ《Cabagged head》1994年、国立国際美術館、イケムラレイコ《無題》1993年、個人蔵、イケムラレイコ制作中のイケムラレイコ 撮影:川内倫子)

  • HOME
  • Art,Design
  • イケムラレイコ日本初回顧展、静けさと情動的な強さ含む作品で「うつろい」を表現

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて