FLYING KIDSの再結成2作目アルバム、スチャBOSE&バクホン山田と新境地コラボ

FLYING KIDSのニューアルバム『LIFE WORKS JOURNEY』が、9月21日にリリースされた。

FLYING KIDSは、一世を風靡したテレビ番組「イカ天」出身バンドとして1990年にデビュー。1998年の解散後、2007年に再結成を遂げ、2009年に約11年半ぶりとなるアルバム『エボリューション』をリリースしている。

『LIFE WORKS JOURNEY』は、じっくりと「歌」を聴かせる内容となっており、浜崎貴司(Vo)のソロ活動である「1人旅ツアー」の影響も色濃く出た作品。収録楽曲は、約20年の交流があるスチャダラパーのBOSEと初のコラボレーションを果たした“SQUALL”、THE BACK HORNの山田将司(Vo)が参加した“愛しさの中で”など、全12曲。同作について、バンドのリーダー伏島和雄(Ba,Cho)は「20年以上音楽へ携わっているにも関わらず、改めて『バンドマジック』を、自分らでも感じたのが、この『LIFE WORKS JOURNEY』というアルバムです」と語っている。

なお、浜崎による同作の全曲解説が、オフィシャルサイトに掲載されているので、ライブ情報などと合わせてチェックしてみよう。また、10月20日までの期間限定で、これまでのアルバムを一律1,200円で配信する期間限定のプライスダウンキャンペーンが実施されている。配信サイトの詳細については、ビクターのアーティストページを確認して欲しい。

FLYING KIDS
『LIFE WORKS JOURNEY』

2011年9月21日発売
価格:2,500円(税込)

1. JOY!
2. SQUALL
3. 愛しさの中で
4. カクレンボ
5. ハナレバナレ
6. バカボンパパ
7. HESOの下☆WORLD
8. 9月
9. レクイエム
10. ちぎれぬ時間
11. LIFE WORKS JOURNEY
12. エピローグ

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • FLYING KIDSの再結成2作目アルバム、スチャBOSE&バクホン山田と新境地コラボ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて