新人写真家の登竜門『写真新世紀』東京展、会期中に審査員の合議でグランプリも選出

新人写真家の登竜門として知られる『写真新世紀』の2011年度優秀賞および佳作受賞作品を展示する『写真新世紀 東京展 2011』が、10月29日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催される。

『写真新世紀』は、キヤノンが1991年にスタートした文化支援プロジェクト。写真表現の可能性に挑戦する新人写真家の発掘、育成、支援を目的とした活動を行なっており、国内外で活躍する優秀な写真家を多数輩出している。

今年は、大森克己(写真家)、佐内正史(写真家)、椹木野衣(美術批評家)、清水穣(写真評論家)、HIROMIX(写真家)による審査のもと、1,305組の応募の中から選出された優秀賞受賞者5組、佳作受賞者20組の受賞作品を展示。また、11月11日に「グランプリ選出公開審査会」を行い、5人の審査員の合議により優勝賞受賞作品の中からグランプリを決定する。

さらに、11月5日には、今年の優秀賞受賞者と昨年のグランプリ受賞者が作品のコンセプトや制作意図を語るトークイベントを開催するほか、会期初日の10月29日には、ギャラリストや編集者などの写真業界関係者が展示作品のレビューを行う「受賞作品公開レビュー」も実施。また、昨年度グランプリ受賞者である佐藤華連の新作個展も同時開催する。


『写真新世紀 東京展 2011』

2011年10月29日(土)~11月20日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 地下1階展示室
時間:10:00~18:00 ※木・金曜日は20:00まで
休館日:10月31日(月)、11月7日(月)、11月14日(月)

出展者:
[2011年度(第34回公募)優秀賞受賞者]
赤鹿麻耶
奥山由之
木藤公紀
パトリック・ツァイ
山田真梨子
[2011年度(第34回公募)佳作受賞者]
内倉真一郎
小山田邦哉
高橋マナミ
山本渉
阿部祐己
吉楽洋平
小竹徹
福士順平
菊池佳奈
木村りべか
坂口真理子
大和直之
いくしゅん
加納俊輔
鈴木淳
滝沢広
北川陽稔
熊田香南
中野美登樹
山縣賢大
[2010年度(第33回公募)グランプリ受賞]
佐藤華連

料金:無料

『受賞作品公開レビュー』
2011年10月29日(土)14:00~17:00
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 地下1階展示室

『アーティストトーク』
2011年11月5日(土)15:30~17:00
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 地下1階展示室
出演:
佐藤華連
赤鹿麻耶
奥山由之
木藤公紀
パトリック・ツァイ
山田真梨子

『グランプリ選出公開審査会』
2011年11月11日(金)15:30~18:00
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 1階ホール
審査員:
大森克己(写真家)
佐内正史(写真家)
椹木野衣(美術批評家)
清水穣(写真評論家)
HIROMIX(写真家)
料金:無料(要事前申し込み)
定員:先着120名
※申込詳細は、10月中旬までに展覧会オフィシャルサイトで発表

(画像上から:赤鹿麻耶『風を食べる』(椹木野衣 選)、木藤公紀『百A』(清水穣 選)、奥山由之『Girl』(HIROMIX 選)、パトリック ツァイ『God Only Knows』(大森克己 選)、山田真梨子『家族の肖像』(佐内正史 選))

  • HOME
  • Art,Design
  • 新人写真家の登竜門『写真新世紀』東京展、会期中に審査員の合議でグランプリも選出

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて