ニュース

9ヶ国14人の女性アーティストの現在進行形を紹介、木村友紀のパフォーマンスも

韓国、ブラジル、インドといった、近年現代美術で注目を浴びている地域を含む9か国の新世代女性アーティストたちの現在進行形を紹介する企画展『クワイエット・アテンションズ 彼女からの出発』が、2月12日より茨城・水戸芸術館敷地内と現代美術ギャラリーにて開催される。

出品作家は、木村友紀+ユタ・クータ+荒川医、アン・カンヒョン、ラウラ・ベレン、小林史子、Sachiko M、三田村光土里、スーザン・フィリップスなど全14人。写真や映像、音、ドローイングなどさまざまな要素を用いたインスタレーションや立体作品から、社会の変化に伴い多様化する女性アーティストたちの表現を再考する。

なお会期中には、出品作家のアーティストトークやアートパフォーマンスのほか、Chim↑Pomのエリイがアーティスト志望者10人の作品を講評する公開診断や、川上未映子によるポエトリーリーディングなど様々なイベントも予定されている。


※東日本大震災の影響により、開催中止になりました

『クワイエット・アテンションズ 彼女からの出発』

2011年2月12日(土)~5月8日(日)
会場:茨城県 水戸芸術館敷地内、現代美術ギャラリー
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)

出展作家:
木村友紀+ユタ・クータ+荒川医
アン・カンヒョン
ラウラ・ベレン
小林史子
Sachiko M
三田村光土里
ナム・ファヨン
スーザン・フィリップス
ランジャニ・シェター
土屋信子
ツェ・スーメイ
タチアナ・トゥルーヴェ

休館日:月曜(3月21日(月・祝)は開館、翌3月22日(火)休館)
料金:一般800円 前売・団体(20名以上)600円 中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料

『オープニング記念アーティストトーク』

会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員:各日50人
料金:無料(別途展覧会入場券が必要です)

2011年2月12日(土)14:00~15:30(開場13:30)(逐次通訳付き)
出演:
ラウラ・ベレン
アン・カンヒュン
ランジャニ・シェター

2011年2月13日(日) 14:00~15:30(開場13:30)
出演:
小林史子
土屋信子
三田村光土里
木村友紀+荒川医

『Sachiko M one day limit sound installation –I’m Here plus-』

会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
料金:無料(別途展覧会入場券が必要です)

『寒明 kan-ake』

2011年2月19日(土)15:00~日没

『青嵐 ao-arashi』

2011年5月1日(日)15:00~日没

『キュレーター・トーク』

2011年2月20日(日)14:00~15:00
料金:無料(別途展覧会入場券が必要です)

『木村友紀+ユタ・クータ+荒川医 パフォーマンス「管理企画のファンタジー/The Structure of Fantasy』

2011年3月27日(日)14:00~15:00
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
料金:無料(別途展覧会入場券が必要です)

レクチャー&トーク
『女性とアート−これまで、そしてこれから』

2011年4月10日(日)14:00~16:30
会場:水戸芸術館会議場
定員:80人
料金:無料
出演:
小池一子(クリエイティブ・ディレクター)
岡部あおみ(武蔵野美術大学芸術文化学科教授)

『川上未映子 meets 阿部海太郎 ポエトリーリーディング』

2011年4月23日(土)14:30~15:30
会場:水戸芸術館ACM劇場
定員:300人
料金:無料(別途展覧会入場券が必要です)

『Chim↑Pomエリイのアート公開診断』

2011年5月5日(木・祝)14:00~15:30
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員:50人
料金:無料(別途展覧会入場券が必要です)

クロージングパーティー
『南風食堂 ワンプレートギャザリング』

2011年5月8日(日)14:00~(料理がなくなり次第終了)
会場:水戸芸術館回廊2階

(画像上から:Sachiko M 《I'm Here .. departures..》(installation view) 2009 Photo:浜田涼 ※参考図版、スーザン・フィリップス 《Follow Me》(Installation view)2004 Photo: Eoghan McTigue ※参考図版、小林史子 《Traveling・No return》2009 ※参考図版、ツェ・スーメイ 《ホワイト・ノイズ》2009、タチアナ・トゥルーヴェ 《「不安」シリーズより―無題》2007)

Sachiko M 《I'm Here .. departures..》(installation view) 2009 Photo:浜田涼 ※参考図版
Sachiko M 《I'm Here .. departures..》(installation view) 2009 Photo:浜田涼 ※参考図版
スーザン・フィリップス 《Follow Me》(Installation view)2004 Photo: Eoghan McTigue ※参考図版
スーザン・フィリップス 《Follow Me》(Installation view)2004 Photo: Eoghan McTigue ※参考図版
小林史子 《Traveling・No return》2009 ※参考図版
小林史子 《Traveling・No return》2009 ※参考図版
ツェ・スーメイ 《ホワイト・ノイズ》2009
ツェ・スーメイ 《ホワイト・ノイズ》2009
タチアナ・トゥルーヴェ 《「不安」シリーズより―無題》2007
タチアナ・トゥルーヴェ 《「不安」シリーズより―無題》2007
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材