ニュース

「感動系」の元祖になったウェブアニメが実写化、坂本真綾が飼い主慕う猫に

人気ウェブアニメーションを実写映画化した『キミとボク』が、2011年5月よりテアトル新宿、シネリーブル池袋ほか全国で公開される。

原作の『キミとボク』は、クリエイターとして多方面で活躍中のやまがらしげとの実体験を基に制作されたウェブアニメーション。2001年の公開以来ネット上で多くの支持を集め、「感動系」というカテゴリーを築き上げた始祖として今なお不動の人気を誇る作品である。2009年には書籍も果たし、多くのファンの声に後押しされ、ついにウェブアニメーションとしては世界初の実写化が実現した。

物語は、猫(ボク)の銀王号と、漫画家を目指す青年(キミ)の出会いと別れを切々と描き出したもの。猫を愛する人はもちろん、大切な家族との「別れ」を経験した人たちに捧げた、心暖まる「ネコ映画」となっている。

主演は『BECK』『大奥』の出演に続き、今年は主演映画『ほしのふるまち』の公開も控える若手俳優・中村蒼。そして、猫の銀王号の声と主題歌を坂本真綾が担当。『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』の真希波・マリ・イラストリアス役などトップ声優として不動の地位を占める一方で、歌手としても活躍する彼女が、同作のために新曲“手紙”を書き下ろしている。

『キミとボク』

2011年5月よりテアトル新宿、シネリーブル池袋ほか全国公開
原作:やまがらしげと
監督・脚本:窪田崇
出演:
中村蒼
坂本真綾(声)
ほか
配給:アーク・フィルムズ
宣伝:ブラウニー

(画像:©2011「キミとボク」製作委員会)

©2011「キミとボク」製作委員会
©2011「キミとボク」製作委員会
©2011「キミとボク」製作委員会
©2011「キミとボク」製作委員会
©2011「キミとボク」製作委員会
©2011「キミとボク」製作委員会
©2011「キミとボク」製作委員会
©2011「キミとボク」製作委員会
©2011「キミとボク」製作委員会
©2011「キミとボク」製作委員会
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化