ニュース

環境保護の最前線走った女性の姿、『センス・オブ・ワンダー』著者の晩年を映画化

世界中で愛読されている『センス・オブ・ワンダー』の著者で、環境保護のパイオニアでもあるレイチェル・カーソンの晩年を描いた映画『レイチェル・カーソンの感性の森』が、2月26日より東京・渋谷アップリンクXほか全国で公開される。

レイチェル・カーソンは、著書『沈黙の春』で化学物質の危険性を世界で初めて告発した女性。ベストセラー作家として活躍する一方、一部メディアや化学産業からの批判を受け、晩年は癌を患いながら執筆活動を続けた。同作は、遺作となった『センス・オブ・ワンダー』を映画化したもので、カーソンが穏やかに余生を送ったメイン州の海岸にある自然豊かなコテージを舞台に、若くして他界した姪の息子ロジャーと過ごした日々を美しいドキュメンタリータッチで再現する。

監督を務めるクリストファー・マンガーは、映画監督や脚本において数々の受賞歴を持ち、代表作に、ヒュー・グラント主演の『ウェールズの山』などがある。また、カーソンを演じるカイウラニ・リーは、カーソンのメッセージを伝えるため1人芝居『センス・オブ・ワンダー』の脚本を執筆。世界各国で18年もの間、カーソンの最後の1年を演じており、日本では2005年の『愛知万博』で披露されている。

自然の美しさや神秘さに目を見張る感性をいつまでも失わないでほしいという、カーソンの願いが込められた作品だ。

『レイチェル・カーソンの感性の森』

2011年2月26日(土)より渋谷アップリンクXほか全国ロードショー
監督:クリストファー・マンガー
脚本・出演:カイウラニ・リー
配給:アップリンク

(画像:『レイチェル・カーソンの感性の森』より)

『レイチェル・カーソンの感性の森』より
『レイチェル・カーソンの感性の森』より
『レイチェル・カーソンの感性の森』より
『レイチェル・カーソンの感性の森』より
『レイチェル・カーソンの感性の森』より
『レイチェル・カーソンの感性の森』より
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る