ニュース

環境保護の最前線走った女性の姿、『センス・オブ・ワンダー』著者の晩年を映画化

世界中で愛読されている『センス・オブ・ワンダー』の著者で、環境保護のパイオニアでもあるレイチェル・カーソンの晩年を描いた映画『レイチェル・カーソンの感性の森』が、2月26日より東京・渋谷アップリンクXほか全国で公開される。

レイチェル・カーソンは、著書『沈黙の春』で化学物質の危険性を世界で初めて告発した女性。ベストセラー作家として活躍する一方、一部メディアや化学産業からの批判を受け、晩年は癌を患いながら執筆活動を続けた。同作は、遺作となった『センス・オブ・ワンダー』を映画化したもので、カーソンが穏やかに余生を送ったメイン州の海岸にある自然豊かなコテージを舞台に、若くして他界した姪の息子ロジャーと過ごした日々を美しいドキュメンタリータッチで再現する。

監督を務めるクリストファー・マンガーは、映画監督や脚本において数々の受賞歴を持ち、代表作に、ヒュー・グラント主演の『ウェールズの山』などがある。また、カーソンを演じるカイウラニ・リーは、カーソンのメッセージを伝えるため1人芝居『センス・オブ・ワンダー』の脚本を執筆。世界各国で18年もの間、カーソンの最後の1年を演じており、日本では2005年の『愛知万博』で披露されている。

自然の美しさや神秘さに目を見張る感性をいつまでも失わないでほしいという、カーソンの願いが込められた作品だ。

『レイチェル・カーソンの感性の森』

2011年2月26日(土)より渋谷アップリンクXほか全国ロードショー
監督:クリストファー・マンガー
脚本・出演:カイウラニ・リー
配給:アップリンク

(画像:『レイチェル・カーソンの感性の森』より)

『レイチェル・カーソンの感性の森』より
『レイチェル・カーソンの感性の森』より
『レイチェル・カーソンの感性の森』より
『レイチェル・カーソンの感性の森』より
『レイチェル・カーソンの感性の森』より
『レイチェル・カーソンの感性の森』より
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く