ニュース

芥川龍之介作品のコラージュで生まれる劇的言語、劇団「地点」の意欲作

作家・芥川龍之介の小説をコラージュしながら、近代と現代の狭間で生きた日本人の姿を描く舞台『Kappa/或小説』が、3月11日から3月21日まで神奈川芸術劇場大スタジオで上演される。

演出家の三浦基が主宰する劇団「地点」の新作公演として上演される同作。多様なテキストを細分化し、独特のイントネーションとアクセントをつける発話スタイルと、強烈な印象を残す空間構成を特徴とする地点は、生き生きとした劇的言語センスで注目されている。

新作『Kappa/或小説』は、河童の国の描写から人間社会を批判した『河童』、神経の病を描いた『歯車』、芥川の自伝的作品『或阿呆の一生』などを中心に、芥川が手がけた俳句や翻訳を含めて再構成されている。芥川の硬質な言葉が、小説とはまた違った色あいを帯びて舞台に表れるだろう。

これまでチェーホフ4大戯曲連続上演に取り組むなど、「近代を消化しきれない現代」のリアリティについて作品を通じて思考してきた地点にとって、KAAT神奈川芸術劇場とびわ湖ホールとの共同製作作品となる『Kappa/或小説』は、かつてない大規模な公演になりそうだ。

『Kappa/或小説』

2011年3月11日(金)~3月21日(月・祝)計12回公演
※3月15日は休演日
会場:神奈川県 KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

原作:芥川龍之介
戯曲:永山智行
演出:三浦基
出演:
安部聡子
石田大
大庭裕介
窪田史恵
河野早紀
小林洋平
谷弘恵

料金:全席指定3,500円
高校生以下割引¥1,000 U24チケット¥1,750 シルバー割引¥3,000

(画像:地点『あたしちゃん、行く先を言って―太田省吾全テクストより―行程2』より)

地点『あたしちゃん、行く先を言って―太田省吾全テクストより―行程2』より
地点『あたしちゃん、行く先を言って―太田省吾全テクストより―行程2』より
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも