ニュース

赤塚映画主題歌はユニコーン新曲“ぶたぶた”、赤塚作品を観ながら作曲

ギャグ漫画界の巨匠・赤塚不二夫と小学館の名物編集者が共に歩んだ、35年にわたる濃くておかしな関係を描いた映画『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』の主題歌を、ユニコーンが担当することがわかった。

同作は、赤塚不二夫の人生を二人三脚で歩んだ漫画編集者・武居俊樹による著書『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』を原作に、入社後すぐに赤塚の担当編集者になった武居が、赤塚のハチャメチャな生き方に七転八倒しながら、やがてベストパートナーとなっていく様をユーモラスに描いた作品。赤塚役を浅野忠信、編集者の武井役を堀北真希が演じる。

ユニコーンは、同映画のために新曲“ぶたぶた”を書き下ろしており、幼少の頃から赤塚作品に触れ、ファンであることを公言するユニコーンメンバーによる、ポジティブかつ遊び心に溢れたナンバーに仕上がっている。また、新曲についてメンバーの阿部(Key)は「赤塚さんの作品を観ながら作曲したのだ。全国の子供たちにも聴いてほしいですのだ。」と赤塚への愛がにじみ出るコメントを発表した。

映画主題歌の“ぶたぶた”を含むユニコーン久々のニューシングルは4月27日にリリースが決定。映画『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』は4月30日から公開がスタートする。

『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』

2011年4月30日公開
原作:武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』(文春文庫刊)
監督:佐藤英明
脚本:君塚良一、佐藤英明
主題歌:ユニコーン“ぶたぶた”
出演:
浅野忠信
堀北真希
阿部力
木村多江
いしだあゆみ
佐藤浩市
ほか
配給:東映

(画像上:ユニコーン、以下画像:©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会)

ユニコーン
ユニコーン
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
©2011「これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像