ニュース

石井裕也監督最新作、平成日本の中年男の生き様描く『あぜ道のダンディ』

石井裕也が平成日本の新しきダンディズムと不器用な父子愛を描いた映画『あぜ道のダンディ』が、6月18日より東京・テアトル新宿ほかで全国公開される。

舞台は北関東の地方都市。若くして妻を失った中年男・宮田淳一は、トラックの運転手として貧乏ながらも子供たちをしっかりと育ててきたつもりだったが、父としての見栄や意地を張る宮田と、思春期に突入した2人の子供たちはいつも会話がかみ合わなかった。そんなある日、淳一は胃に不調を覚え、亡き妻同様に自分も胃がんなのだと思い悩む。

監督・脚本を務めるのは、満島ひかり主演の『川の底からこんにちは』がスマッシュヒットを飛ばし、ブルーリボンの監督賞を史上最年少で受賞という快挙を成し遂げた石井裕也。国際映画祭で既に特集上映が組まれるなど世界的にも注目される気鋭が、同作でも類まれなセンスと洞察力を発揮し、人間臭さをユーモラスに描き出している

また、日本映画界に欠かすことのできない名バイプレイヤー・光石研が、デビュー作『博多っ子純情』以来32年ぶりの主演として、50歳男やもめの宮田を好演。宮田の唯一の親友・真田をマルチな才能を見せ続ける田口トモロヲが務め、岩松了、西田尚美、藤原竜也ら豪華なメンツが集結しスクリーンを彩る。

『あぜ道のダンディ』

2011年6月18日よりテアトル新宿、ユナイテッド・シネマ前橋、シネマテークたかさきほか全国順次公開
脚本・監督:石井裕也
主題歌:清竜人“ホモ・サピエンスはうたを歌う”
出演:
光石研
森岡龍
吉永淳
山本ひかる
岩松了
西田尚美
田口トモロヲ
配給:ビターズ・エンド

(画像:©2011『あぜ道のダンディ』製作委員会)

©2011『あぜ道のダンディ』製作委員会
©2011『あぜ道のダンディ』製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開