ニュース

石井裕也監督最新作、平成日本の中年男の生き様描く『あぜ道のダンディ』

石井裕也が平成日本の新しきダンディズムと不器用な父子愛を描いた映画『あぜ道のダンディ』が、6月18日より東京・テアトル新宿ほかで全国公開される。

舞台は北関東の地方都市。若くして妻を失った中年男・宮田淳一は、トラックの運転手として貧乏ながらも子供たちをしっかりと育ててきたつもりだったが、父としての見栄や意地を張る宮田と、思春期に突入した2人の子供たちはいつも会話がかみ合わなかった。そんなある日、淳一は胃に不調を覚え、亡き妻同様に自分も胃がんなのだと思い悩む。

監督・脚本を務めるのは、満島ひかり主演の『川の底からこんにちは』がスマッシュヒットを飛ばし、ブルーリボンの監督賞を史上最年少で受賞という快挙を成し遂げた石井裕也。国際映画祭で既に特集上映が組まれるなど世界的にも注目される気鋭が、同作でも類まれなセンスと洞察力を発揮し、人間臭さをユーモラスに描き出している

また、日本映画界に欠かすことのできない名バイプレイヤー・光石研が、デビュー作『博多っ子純情』以来32年ぶりの主演として、50歳男やもめの宮田を好演。宮田の唯一の親友・真田をマルチな才能を見せ続ける田口トモロヲが務め、岩松了、西田尚美、藤原竜也ら豪華なメンツが集結しスクリーンを彩る。

『あぜ道のダンディ』

2011年6月18日よりテアトル新宿、ユナイテッド・シネマ前橋、シネマテークたかさきほか全国順次公開
脚本・監督:石井裕也
主題歌:清竜人“ホモ・サピエンスはうたを歌う”
出演:
光石研
森岡龍
吉永淳
山本ひかる
岩松了
西田尚美
田口トモロヲ
配給:ビターズ・エンド

(画像:©2011『あぜ道のダンディ』製作委員会)

©2011『あぜ道のダンディ』製作委員会
©2011『あぜ道のダンディ』製作委員会
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」