ニュース

アルベール・カーンの貴重な天然色写真で辿る、約100年前の世界と日本の姿

約100年前の世界を、当時の最新技術・天然色写真(オートクローム)で記録した『写真展 The Archives of the Planet 100年前の世界へ ~アルベール・カーン 平和への願い~』が、神奈川県立地球市民かながわプラザで3月13日まで開催されている。

平和のため、異なる民族や文化を敬い互いに理解することが重要だと考えたフランスの実業家・銀行家のアルベール・カーン。世界を記録するプロジェクト『地球史料館』(1909年~1931年撮影)に多額の私財を投じた彼は、世界60ヶ国にカメラマンを派遣することで、各地の日常の暮らしや風俗、自然、建物などを記録させた。

同展では、72,000点を誇る一大アーカイブ『地球史料館~The Archives of the Planet ~』の中から、カーンの生きた時代や、現在では失われつつある100年前の民族性豊かな世界の暮らし、独特の民族衣装、戦時の様子、街や自然の風景などを捉えた天然色写真約150点の写真と動画を展示。アフリカやヨーロッパ、北米、日本を含むアジアなどの当時の姿をたどることができる。

また、オートクロームによって記録されたこれらの作品は、学問的にも高い価値を持っており、世界で最も重要な天然色写真の一大コレクションとなっている。渋沢栄一や大隈重信など近代日本の代表的人物とも交流を深め、日本にも強い関心を寄せていたカーンならではの日本の観光名所や、庶民の生活が垣間見られる貴重な写真も数百枚撮影されているという。


『写真展 The Archives of the Planet 100年前の世界へ ~アルベール・カーン 平和への願い~』

2011年2月2日(水)~3月13日(日)
会場:神奈川県 神奈川県立地球市民かながわプラザ 3F企画展示室
時間:10:00~17:00
料金:無料

『ドキュメンタリー上映 BBC 奇跡の映像 ~よみがえる100年前の世界~』

2011年3月6日(日)
10:00~第6巻「勝者と敗者」 
14:00~第9巻「カーンの死 “夢”の終わり」

会場:神奈川県立地球市民かながわプラザ 映像ホール
定員:先着125名
料金:無料
※あーすぷらざ映像ライブラリー(2F)でその他の巻をご視聴頂けます

『世界の民族衣装を着てみませんか!』

2011年2月27日(日)、3月12日(土)、3月13日(日)
時間:各13:30~
対象:子ども、親子、一般
申し込み方法:メール、お電話、同館受付(1F)
料金:常設展示室の観覧券(未就学児無料、小中学生100円、高校生・65才以上300円、大人500円)
※その場で撮影したポラロイド写真をプレゼントします

(画像上から:インドシナ トンキン(現:ベトナム)1915年 ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.、パリ 1912年 ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.、日本 1912年 ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.、カンボジア ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.、撮影に使用されたカメラ ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.)

インドシナ トンキン 1915年 ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.
インドシナ トンキン 1915年 ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.
パリ 1912年 ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.
パリ 1912年 ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.
日本 1912年 ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.
日本 1912年 ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.
カンボジア ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.
カンボジア ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.
撮影に使用されたカメラ ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.
撮影に使用されたカメラ ©Musée Albert-Kahn - département des Hauts-de-Seine.
画像を拡大する(12枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」