ニュース

『第1回雑誌大賞』は村上春樹ロングインタビュー掲載の『考える人』が制す

計100誌の編集長と100人の書店員による投票で選出される『第1回雑誌大賞』の選考結果が発表され、作家・村上春樹のロングインタビューを掲載した『考える人』2010年夏号(新潮社)が大賞に輝いた。

同賞は、「トレンドの核」として機能している雑誌の魅力を紹介しながら、より多くの人々に雑誌を手に取ってもらう機会を増やすべく誕生したもの。初回となる今回は、2010年7月から12月までに刊行された雑誌が選考対象となっていた。

『考える人』2010年夏号の村上春樹特集では、作家と編集者が2泊3日にわたり同じ場に泊まり込み、そこから生まれた膨大なインタビューを1冊に集約。審査では「編集者と作家のあるべき付き合い方をこの1冊から改めて考えさせられた」と高く評価されていた。

準大賞には『週刊東洋経済』2010年9月18日号(東洋経済新報社)がランクイン。週刊誌でありながらバックナンバーの増刷も複数回行われるなど、異例の販売を続けていることから、書店員の票を多く獲得したという。なお、ベスト10には入らなかったが、審査対象期間内に刊行された多くの特集が安定的に票を集めたことから『BRUTUS』(マガジンハウス)が特別賞を受賞。また、流行発信元として評価された雑誌に贈られる『TREND MAKE MAGAZINE賞』は、「おしゃれプロデューサーズ」を意味する「おしゃP」を生み出した女性雑誌『JJ』が受賞した。

なお、本日3月28日に開催が予定されていた授賞式は、東日本大震災の影響を受けて中止となっている。

『第1回雑誌大賞』

大賞:『考える人』2010年夏号(新潮社)
準大賞:『週刊東洋経済』2010年9月18日号(東洋経済新報社)
特別賞:『BRUTUS』(マガジンハウス)
TREND MAKE MAGAZINE賞:『JJ』(光文社)
雑誌新人賞:『GLOW』(宝島社)

『第1回雑誌大賞』ロゴ
『第1回雑誌大賞』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mom“ひみつのふたり”

5月22日発売の2ndアルバム『Detox』から“ひみつのふたり”のMVが公開。美容室らしき場所で、彼は自身の仕上がりに終始不安げで不服そうな顔を見せつつも、最終的にはひどい有様の自分を受け入れてその場を去っていく。そんな冷静さを持っているからこそ、ふと見せる<もう一層の事 牙でも生やして / 君の肩に齧り付きたい><買い換えたばかりの携帯は / 早いとこ傷つけたくなる>といった破壊衝動にハッとさせられてしまう。(中田)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密