ニュース

ヘンリー・ダーガーの実人生に迫る企画展、開催間近&入場料の一部収益は義援金に

世界的に有名なアウトサイダーアーティスト、ヘンリー・ダーガーの人生と創作に迫る企画展『ヘンリー・ダーガー展 ~アメリカン・イノセンス。純真なる妄想が導く「非現実の王国で」』の開催が迫っている。

4月23日から東京・ラフォーレミュージアム原宿にて開催される同展。タイトルにもなっている『非現実の王国で』とは、ダーガーの死後に下宿先の大家夫妻によって偶然発見された自作小説を指しており、同書には子供を奴隷として虐待する暴虐非道な男たちを相手に、壮絶な戦いを繰り広げる7人の美少女姉妹による叙事詩が、計15,000ページ以上にわたり綴られている。

同展は、未だ全容が解明されていない作品『非現実の王国で』と、ダーガー自身の知られざる実人生の2つを、最新の研究成果をもとに解き明かすことを試みる企画展だ。『非現実の王国で』の挿画や遺品など、本邦初公開の作品も複数登場する。

なお、同展のオフィシャルサイトもオープンしており、収益金の一部を東日本大震災の義援金として寄付する意向も明らかにされている。

CINRA.NETでは、「『ヘンリー・ダーガー展』広報用B1サイズポスター(非売品、画像はコチラ)」を3名様にプレゼントいたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名欄に「ヘンリー・ダーガー展非売品ポスタープレゼント応募」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、商品の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2011年4月24日)

『ヘンリー・ダーガー展 ~アメリカン・イノセンス。純真なる妄想が導く「非現実の王国で」』

2011年4月23日(土)~5月15日(日)
会場:東京都 ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6階)
時間:11:00~20:00(5月15日(日)は18:00まで)
料金:一般800円 学生600円 
※小学生以下、ラフォーレカード会員は無料

(画像上から:『無題』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)、(左)『ノーマを経由して、ジュロ・カロにて。二度グランデリニアンに捕まるが、命からがら逃げる。』(中)『オズモンドソンの後。森林火災と姿の見えない敵、グランデリニアンに追われるヴィヴィアン・ガールズ』(右)『グロリニアのアーロンバーグ・ランにて。ヴィヴィアン・ガールズはグランデリニアンの砲撃を受ける。神に感謝するがよい。破裂弾の大爆発には距離があった。』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)、『無題』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)、『なんてこと。あなたがた、こんな大きな花を見たことある?』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)

『無題』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)
『無題』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)
(左)『ノーマを経由して、ジュロ・カロにて。二度グランデリニアンに捕まるが、命からがら逃げる。』(中)『オズモンドソンの後。森林火災と姿の見えない敵、グランデリニアンに追われるヴィヴィアン・ガールズ』(右)『グロリニアのアーロンバーグ・ランにて。ヴィヴィアン・ガールズはグランデリニアンの砲撃を受ける。神に感謝するがよい。破裂弾の大爆発には距離があった。』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)
(左)『ノーマを経由して、ジュロ・カロにて。二度グランデリニアンに捕まるが、命からがら逃げる。』(中)『オズモンドソンの後。森林火災と姿の見えない敵、グランデリニアンに追われるヴィヴィアン・ガールズ』(右)『グロリニアのアーロンバーグ・ランにて。ヴィヴィアン・ガールズはグランデリニアンの砲撃を受ける。神に感謝するがよい。破裂弾の大爆発には距離があった。』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)
『無題』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)
『無題』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)
『なんてこと。あなたがた、こんな大きな花を見たことある?』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)
『なんてこと。あなたがた、こんな大きな花を見たことある?』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)
『キラキラ輝くブレンゲン。ボイ・キング・アイランズ。一匹は年若いタスカホリアン、もう一匹は人の頭をしたドロテリアン』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)
『キラキラ輝くブレンゲン。ボイ・キング・アイランズ。一匹は年若いタスカホリアン、もう一匹は人の頭をしたドロテリアン』(Collection of Kiyoko Lerner ©Kiyoko Lerner,2011)
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く