ニュース

Animal Collectiveの中心人物Panda Bear、4年ぶりのソロ新作『トムボーイ』

ニューヨークを拠点に活動する不定形音楽ユニットAnimal Collectiveのメンバー、Panda Bearのニューアルバム『トムボーイ』が4月27日にリリースされる。

Panda Bearは、USインディーシーンを代表するバンドへと成長したAnimal Collectiveの中心メンバー、ノア・レノックスのソロプロジェクト。ソロ名義としては約4年ぶりの作品となる同作は、Panda Bear自身が「サンプラーを使うことによる制約にうんざりした。NirvanaとThe White Stripesのことを考えることで、ギターとリズムに重点を置いた何かをやってみようというアイディアが生まれた」と語る通り、サンプリングの使用が減り、代わりにギターとシンセサイザーを中心に据えた作品になっている。Animal Collective本体の活躍がめざましいだけに、満を持して発表される同作にも期待が募る。

現在、海外で先行リリースされていたシングル曲の無料ダウンロードが、Panda Bearの日本公式サイトで実施中。キャンペーンは4月27日までの期間限定となっているので、詳細については同サイトを参照してほしい。

Panda Bear
『トムボーイ』

2011年4月27日発売
価格:2,300円(税込)
HSE-50069

1. You Can Count On Me
2. Tomboy
3. Slow Motion
4. Surfer’s Hymn
5. Last Night At The Jetty
6. Drone
7. Alsatian Darn
8. Scheherazade
9. Friendship Bracelet
10. Afterburner
11. Benfica
12. Surfer’s Hymn(Actress Remix)(日本盤のみのボーナストラック)

amazonで購入する

Panda Bear
Panda Bear
Panda Bear『トムボーイ』ジャケット
Panda Bear『トムボーイ』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年