ニュース

Animal Collectiveの中心人物Panda Bear、4年ぶりのソロ新作『トムボーイ』

ニューヨークを拠点に活動する不定形音楽ユニットAnimal Collectiveのメンバー、Panda Bearのニューアルバム『トムボーイ』が4月27日にリリースされる。

Panda Bearは、USインディーシーンを代表するバンドへと成長したAnimal Collectiveの中心メンバー、ノア・レノックスのソロプロジェクト。ソロ名義としては約4年ぶりの作品となる同作は、Panda Bear自身が「サンプラーを使うことによる制約にうんざりした。NirvanaとThe White Stripesのことを考えることで、ギターとリズムに重点を置いた何かをやってみようというアイディアが生まれた」と語る通り、サンプリングの使用が減り、代わりにギターとシンセサイザーを中心に据えた作品になっている。Animal Collective本体の活躍がめざましいだけに、満を持して発表される同作にも期待が募る。

現在、海外で先行リリースされていたシングル曲の無料ダウンロードが、Panda Bearの日本公式サイトで実施中。キャンペーンは4月27日までの期間限定となっているので、詳細については同サイトを参照してほしい。

Panda Bear
『トムボーイ』

2011年4月27日発売
価格:2,300円(税込)
HSE-50069

1. You Can Count On Me
2. Tomboy
3. Slow Motion
4. Surfer’s Hymn
5. Last Night At The Jetty
6. Drone
7. Alsatian Darn
8. Scheherazade
9. Friendship Bracelet
10. Afterburner
11. Benfica
12. Surfer’s Hymn(Actress Remix)(日本盤のみのボーナストラック)

amazonで購入する

Panda Bear
Panda Bear
Panda Bear『トムボーイ』ジャケット
Panda Bear『トムボーイ』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く