ニュース

「顔」を切り口に迫る岡本太郎の世界、岡本太郎生誕100年企画展『顔は宇宙だ。』

岡本太郎の数多くの作品の中から「顔」にまつわる作品を集めた、岡本太郎生誕100年企画展『顔は宇宙だ。』が、東京・渋谷のパルコファクトリーで5月20日から開催される。

戦後の大衆芸術家として絶対的な存在感を放つ岡本太郎。大阪万博当時を知らない若い世代からも支持を集めており、生誕100周年を迎える今年は関連イベントも多数行われている。

同展では、「顔は宇宙だ。」と語る太郎の膨大な作品の中から、顔にフォーカスした作品を紹介。渋谷駅に設置されている油彩作品『明日の神話』の姉妹作品『豊饒の神話』や未完成作品で絶筆である『雷人』のほか、オブジェやチェア、スツールなどの立体作品、太郎本人のポートレートなども交え、新しい切り口から太郎の世界を紹介する。また物販では、関連書籍やステーショナリー、Tシャツ、ミニチュアレプリカなどのオリジナルグッズも多数販売される予定だ。

また、同展は全国のパルコへ巡回が予定されているほか、同時開催として、岡本太郎×大阪万博をテーマに太陽の塔を中心とする展示や関連商品の販売を行う『万博 TAROコレクション』も行われる。

『岡本太郎生誕100年企画展 顔は宇宙だ。』

2011年5月20日(金)~6月20日(月)
会場:東京都 渋谷 パルコファクトリー 渋谷パルコパート1・6F
時間:10:00~21:00(最終日は18:00まで、入場は閉館30分前まで)
料金:一般300円 学生200円 小学生以下無料
※状況により、休館や開館時間を変更する場合がございます。

『万博 TAROコレクション』

2011年5月20日(金)~6月12日(日)予定
会場:東京都 渋谷 パルコファクトリー 渋谷パルコパート1・B1F 特設会場
時間:10:00~21:00
料金:無料

(画像上から:岡本太郎、『午後の日』、『雷人』、『豊饒の神話(一部)』、画像提供:岡本太郎記念館)

岡本太郎
岡本太郎
『午後の日』 画像提供:岡本太郎記念館
『午後の日』 画像提供:岡本太郎記念館
『雷人』 画像提供:岡本太郎記念館
『雷人』 画像提供:岡本太郎記念館
『豊饒の神話(一部)』 画像提供:岡本太郎記念館
『豊饒の神話(一部)』 画像提供:岡本太郎記念館
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く