ニュース

Jazztronik、2年半ぶりニューアルバムはYUKIボーカル曲含む『Dig Dig Dig』

野崎良太率いるミュージックプロジェクトJazztronikの2年半ぶりとなるニューアルバム『Dig Dig Dig』が、6月8日にリリースされる。

「踊る」をテーマにした同作には、映画『死刑台のエレベーター』の主題歌“ベッドタイムストーリー”や、LEXUSの新ハイブリッド車「CT200h」発表披露会の挿入歌“守破離”とボーナストラックを含む全16曲が収められる。

ボーカル陣には、“ベッドタイムストーリー”でフィーチャーされているYUKIをはじめ、JAY'ED、Maia Hirasawa、giovanca、有坂美香、AISHA、Eliana、Tommy Blaizeが参加しており、それぞれの歌声でJazztronikの音楽を彩っている。なお、アルバムタイトルの「Dig」とは、野崎がこれまで好んできたダンスミュージックをあらためて掘り返してみようという意味が込められているという。

なお、アルバム発売後には久々の全国ツアーも予定されている。続報を楽しみに待とう。

Jazztronik
『Dig Dig Dig』

2011年6月8日発売
価格:2,800円(税込)
PCCA-03414

1. Flash Light feat.JAY'ED
2. Deja vu intro
3. Deja vu feat.AISHA
4. Walk on
5. Today feat.Giovanca
6. Apathy feat.Maia Hirasawa
7. The Seventh Sense
8. Vamos la
9. Now's the time feat.Tommy Blaize
10. Dare feat.Mika Arisaka & Eliana
11. 守破離
12. Resolver
13. Humming Bird feat.Mika Arisaka & Eliana
14. Epiloque ~ march of the toys ~
15. ベッドタイムストーリー
16. BRA.Steppers feat.Rob Gallagher(ボーナストラック)

amazonで購入する

Jazztronik
Jazztronik
Jazztronik『Dig Dig Dig』ジャケット
Jazztronik『Dig Dig Dig』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会