ニュース

孤独に追いつめられる主婦役に南果歩、崩壊寸前の家族を描いた映画『家族X』

孤独に追いつめられていく主婦と崩壊寸前の家族を描いた映画『家族X』が、東京・渋谷のユーロスペースで9月から公開される。

物語の舞台は東京郊外の新興住宅地。失職の危機にある夫・健一は、妻・路子との会話を避けるように無言で出社していくが、社内にも行き場がない。就職に失敗した息子・宏明は、アルバイトと自室の往復を繰り返す日々を送っている。マイホームを手に入れ、幸せも手に入れたと信じていた路子。しかし家族とコミュニケーションを取ることができず、黙々と食事を作り、誰もいない食卓に料理を並べる孤独な毎日の中で、路子は少しずつ追い詰められていく。

同作は、1980年生まれの映像作家・吉田光希の劇場デビュー作品。吉田は東京造形大学で映画を専攻し、在学中から諏訪敦彦監督に師事しており、塚本晋也監督作品を中心に映画制作現場に参加。2007年の前作『症例X』が注目を集め、『第61回ロカルノ国際映画祭』を始めとする様々な国際映画祭の招待作となった。同作について吉田は「これは日本の象徴的な家族を伝えるための映画ではなく、この映画を経験することが、自分と家族の関係を見つめ直す場となることを目指した」と語っている。

キャストは、主演の路子役に南果歩、夫の健一に田口トモロヲ、息子の宏明に郭智博。寸分の狂いもない生活の中で、徐々に狂気をはらんでゆく主婦を好演した南の演技に注目だ。

『家族X』

2011年9月からユーロスペースで公開
監督・脚本:吉田光希
音楽:世武裕子
出演:
南果歩
田口トモロヲ
郭智博
筒井真理子
村上淳
森下能幸 
配給:ユーロスペース+ぴあ

(画像:©PFFパートナーズ)

©PFFパートナーズ
©PFFパートナーズ
©PFFパートナーズ
©PFFパートナーズ
©PFFパートナーズ
©PFFパートナーズ
©PFFパートナーズ
©PFFパートナーズ
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる