ニュース

台湾のナンバガ「透明雑誌」、青春の破壊音つめた初作『僕たちのソウルミュージック』

台湾のオルタナティブロックバンド「透明雑誌」の1stアルバム『僕たちのソウルミュージック』が、7月13日にリリースされる。

同バンドは、2006年から台湾で活動する4人組のギターロックバンド。Pixies、Weezer、Sonic Youth、Superchunk、Cap'n Jazzなどアメリカのオルタナティブロックバンドをはじめ、日本ではナンバーガールからの影響を公言しており、ストレートでエッジの効いたサウンドは台湾の音楽シーンでも異色の存在感を放っている。

『僕たちのソウルミュージック』は、同タイトルの輸入盤に2007年に完全自主制作で販売されていたデビューEP収録の4曲を追加した日本限定仕様盤。ノイジーなギター、ストレートなベースライン、軽快に跳ねるドラムス、そして中心人物の洪申豪(Gt,Vo)が紡ぐ、10代的な怒りや感傷、詩的なトーンで綴られる性的衝動をテーマにした歌詞が渾然一体となり、アジアのオルタナティブシーンの新しい流れを感じさせる1枚だ。

透明雑誌
『僕たちのソウルミュージック』国内盤

2011年7月13日発売
価格:2,000円(税込)
ARTD-5571

1. DE FITTED BEAT
2. ANORAK
3. 時速160kmのギター、ベースとドラム
4. 性的地獄
5. SOUL BLAST
6. 九月教室
7. 夜明け晩餐
8. 師大公園裏司令
9. 時にお前の顔に一発殴りたい
10. ILLMAGA
11. 少女
12. 僕たちのソウルミュージック
13. YOUNG HEART GUITAR
14. 世界はやはり滅びたらいい
15. 夜明け晩餐(EP version)(ボーナストラック)
16. 君は僕が見た自殺回数最も多い女の子 (ボーナストラック)
17. DICTATOR GIRL(ボーナストラック)
18. YOUNG HEART GUITAR(EP version)(ボーナストラック)

amazonで購入する

透明雑誌
透明雑誌
透明雑誌『僕たちのソウルミュージック』国内盤ジャケット
透明雑誌『僕たちのソウルミュージック』国内盤ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る