ニュース

台湾のナンバガ「透明雑誌」、青春の破壊音つめた初作『僕たちのソウルミュージック』

台湾のオルタナティブロックバンド「透明雑誌」の1stアルバム『僕たちのソウルミュージック』が、7月13日にリリースされる。

同バンドは、2006年から台湾で活動する4人組のギターロックバンド。Pixies、Weezer、Sonic Youth、Superchunk、Cap'n Jazzなどアメリカのオルタナティブロックバンドをはじめ、日本ではナンバーガールからの影響を公言しており、ストレートでエッジの効いたサウンドは台湾の音楽シーンでも異色の存在感を放っている。

『僕たちのソウルミュージック』は、同タイトルの輸入盤に2007年に完全自主制作で販売されていたデビューEP収録の4曲を追加した日本限定仕様盤。ノイジーなギター、ストレートなベースライン、軽快に跳ねるドラムス、そして中心人物の洪申豪(Gt,Vo)が紡ぐ、10代的な怒りや感傷、詩的なトーンで綴られる性的衝動をテーマにした歌詞が渾然一体となり、アジアのオルタナティブシーンの新しい流れを感じさせる1枚だ。

透明雑誌
『僕たちのソウルミュージック』国内盤

2011年7月13日発売
価格:2,000円(税込)
ARTD-5571

1. DE FITTED BEAT
2. ANORAK
3. 時速160kmのギター、ベースとドラム
4. 性的地獄
5. SOUL BLAST
6. 九月教室
7. 夜明け晩餐
8. 師大公園裏司令
9. 時にお前の顔に一発殴りたい
10. ILLMAGA
11. 少女
12. 僕たちのソウルミュージック
13. YOUNG HEART GUITAR
14. 世界はやはり滅びたらいい
15. 夜明け晩餐(EP version)(ボーナストラック)
16. 君は僕が見た自殺回数最も多い女の子 (ボーナストラック)
17. DICTATOR GIRL(ボーナストラック)
18. YOUNG HEART GUITAR(EP version)(ボーナストラック)

amazonで購入する

透明雑誌
透明雑誌
透明雑誌『僕たちのソウルミュージック』国内盤ジャケット
透明雑誌『僕たちのソウルミュージック』国内盤ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い