ニュース

台湾のナンバガ「透明雑誌」、青春の破壊音つめた初作『僕たちのソウルミュージック』

台湾のオルタナティブロックバンド「透明雑誌」の1stアルバム『僕たちのソウルミュージック』が、7月13日にリリースされる。

同バンドは、2006年から台湾で活動する4人組のギターロックバンド。Pixies、Weezer、Sonic Youth、Superchunk、Cap'n Jazzなどアメリカのオルタナティブロックバンドをはじめ、日本ではナンバーガールからの影響を公言しており、ストレートでエッジの効いたサウンドは台湾の音楽シーンでも異色の存在感を放っている。

『僕たちのソウルミュージック』は、同タイトルの輸入盤に2007年に完全自主制作で販売されていたデビューEP収録の4曲を追加した日本限定仕様盤。ノイジーなギター、ストレートなベースライン、軽快に跳ねるドラムス、そして中心人物の洪申豪(Gt,Vo)が紡ぐ、10代的な怒りや感傷、詩的なトーンで綴られる性的衝動をテーマにした歌詞が渾然一体となり、アジアのオルタナティブシーンの新しい流れを感じさせる1枚だ。

透明雑誌
『僕たちのソウルミュージック』国内盤

2011年7月13日発売
価格:2,000円(税込)
ARTD-5571

1. DE FITTED BEAT
2. ANORAK
3. 時速160kmのギター、ベースとドラム
4. 性的地獄
5. SOUL BLAST
6. 九月教室
7. 夜明け晩餐
8. 師大公園裏司令
9. 時にお前の顔に一発殴りたい
10. ILLMAGA
11. 少女
12. 僕たちのソウルミュージック
13. YOUNG HEART GUITAR
14. 世界はやはり滅びたらいい
15. 夜明け晩餐(EP version)(ボーナストラック)
16. 君は僕が見た自殺回数最も多い女の子 (ボーナストラック)
17. DICTATOR GIRL(ボーナストラック)
18. YOUNG HEART GUITAR(EP version)(ボーナストラック)

amazonで購入する

透明雑誌
透明雑誌
透明雑誌『僕たちのソウルミュージック』国内盤ジャケット
透明雑誌『僕たちのソウルミュージック』国内盤ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化