ニュース

若手画家・宮崎勇次郎個展は、鮮やかな色彩で描く人間と自然の関係性

若手画家・宮崎勇次郎の初個展『青と緑と富士山』が、7月9日まで東京・中目黒のミヅマ・アクションにて開催されている。

実家が銭湯を営んでいる大分県出身の宮崎勇次郎は、大学卒業後も銭湯の背景師に師事。鮮やかな青や匂い立つような樹木の緑が印象的な作風を持ち、近年では『VOCA展2007』に出展したほか、2009年には東京・日比谷の高橋コレクションで開催されたグループ展に参加するなど、着実に注目を集めている。

同展のメイン作品『ダフネの森』のテーマは、自然との共存。ギリシア神話の神・ダフネたちが自然に取り込まれるように手や足などが植物と一体化している情景を描き、生と死といった観念を包括する作品に仕上げている。未曾有の災害を経験し、自然や社会に対する人間のありようを考えたという宮崎。「いま感じるものを素直に画面に描きしるしたい」という彼の強い想いを感じることができる展覧会となるだろう。

なお、同展をもってミヅマ・アクションとしての活動は休止する。

宮崎勇次郎展
『青と緑と富士山』

2011年6月15日(水)~7月9日(土)
会場:東京都 中目黒 ミヅマ・アクション
時間:12:00~18:00(土のみ19:00まで)
休廊日:日、月曜、祝日

(画像:「ダフネの森」 2011年 acrylic on canvas 194x486cm ©MIYAZAKI Yujiro Courtesy Mizuma Action)

「ダフネの森」 2011年 acrylic on canvas 194x486cm ©MIYAZAKI Yujiro Courtesy Mizuma Action
「ダフネの森」 2011年 acrylic on canvas 194x486cm ©MIYAZAKI Yujiro Courtesy Mizuma Action
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表