ニュース

こだま和文らによる和製ダブ元祖「MUTE BEAT」、初ベスト&レア盤など一挙放出

日本初のダブバンドと言われるMUTE BEATの初ベスト盤を含む関連3作品が、本日7月6日にリリースされた。

MUTE BEATは、1982年にこだま和文(Tp)と屋敷豪太(Dr)を中心として結成。ロック、HIP HOP、レゲエのエッセンスを独自に消化したダブサウンドを確立し、1989年に解散するまでに多くの名盤を生み出した。また、所属していたメンバーには朝本浩文やエマーソン北村ら、現在でも最前線で活躍しているアーティスト達が名を連ねている。

ベスト盤『THE BEST OF MUTE BEAT』は、今までに発表した数々の名曲の中から全メンバーがセレクトした10曲と、スカの生みの親とも言われるグラッドストーン・アンダーソン(key)とコラボレーションしたレア音源“Something Special(with Gladdy)”を加えた11曲を収録している。

また、同日リリースとなるライブDVD『GLADDY meets MUTE BEAT』には、1987年2月に東京・青山スパイラルホールで行われた、グラディ・アンダーソンとMUTE BEATのセッションの模様を収録。さらに、1987年5月にリリースされた実質的な1stアルバム『STILL ECHO』も、楽曲追加とデジタルリマスタリングを施してリイシュー。同作には、ルーツロックレゲエおよびダブを代表するピアニカ奏者、オーガスタ・パブロが参加した楽曲も収録されている。

MUTE BEAT
『THE BEST OF MUTE BEAT』

2011年7月6日発売
価格:2,500円(税込)
OVE-0106

1. MARCH
2. COFFIA
3. STILL ECHO
4. METRO
5. BEAT AWAY
6. JAZZ MAN
7. DOWN TRAIN
8. KIYEV NO SORA
9. FIOLINA
10. MARCH(REBEL MUSIC IN THE AIR)
11. SOMETHING SPECIAL(with GLADDY)

amazonで購入する

GLADDY meets MUTE BEAT
『GLADDY meets MUTE BEAT』

2011年7月6日発売
価格:3,150円(税込)
OVED-0003

1. AFTER THE RAIN
2. WHISKY BAR
3. COFFIA
4. METRO
5. JENKA
6. PAIN
7. ECHO'S SONG
8. ORGAN'S MELODY
9. TEAR UP
10. ROCKSTEADY
11. IT MAY SOUND SILLY
12. CRAZY SKANK
13. LEAVING ROME
14. HOLY MOUNT ZION
15. THINGS I USED TO DO
16. HOLY CHILDREN
17. CLEAR DESCRIPTION
18. THE REBURIAL(アンコール)
19. CHRISTINE KEILER(アンコール)
[特典映像]
BEFORE THE LIVE AFTER THE LIVE

amazonで購入する

MUTE BEAT
『STILL ECHO』

2011年7月6日発売
価格:2,300円(税込)
OVE-0105

1. COFFIA
2. ORGAN'S MELODY
3. ECHO'S SONG
4. SUMMERTIME~FROZEN SUN
5. AFTER THE RAIN
6. NO PROBLEM
7. STILL ECHO
8. SUNNY SIDE WALK
9. A STAIRWELL
10. STILL ECHO(MELODICA MIX)

amazonで購入する

MUTE BEAT『THE BEST OF MUTE BEAT』ジャケット
MUTE BEAT『THE BEST OF MUTE BEAT』ジャケット
MUTE BEAT『GLADDY meets MUTE BEAT』ジャケット
MUTE BEAT『GLADDY meets MUTE BEAT』ジャケット
MUTE BEAT『STILL ECHO』ジャケット
MUTE BEAT『STILL ECHO』ジャケット
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年