ニュース

こだま和文らによる和製ダブ元祖「MUTE BEAT」、初ベスト&レア盤など一挙放出

日本初のダブバンドと言われるMUTE BEATの初ベスト盤を含む関連3作品が、本日7月6日にリリースされた。

MUTE BEATは、1982年にこだま和文(Tp)と屋敷豪太(Dr)を中心として結成。ロック、HIP HOP、レゲエのエッセンスを独自に消化したダブサウンドを確立し、1989年に解散するまでに多くの名盤を生み出した。また、所属していたメンバーには朝本浩文やエマーソン北村ら、現在でも最前線で活躍しているアーティスト達が名を連ねている。

ベスト盤『THE BEST OF MUTE BEAT』は、今までに発表した数々の名曲の中から全メンバーがセレクトした10曲と、スカの生みの親とも言われるグラッドストーン・アンダーソン(key)とコラボレーションしたレア音源“Something Special(with Gladdy)”を加えた11曲を収録している。

また、同日リリースとなるライブDVD『GLADDY meets MUTE BEAT』には、1987年2月に東京・青山スパイラルホールで行われた、グラディ・アンダーソンとMUTE BEATのセッションの模様を収録。さらに、1987年5月にリリースされた実質的な1stアルバム『STILL ECHO』も、楽曲追加とデジタルリマスタリングを施してリイシュー。同作には、ルーツロックレゲエおよびダブを代表するピアニカ奏者、オーガスタ・パブロが参加した楽曲も収録されている。

MUTE BEAT
『THE BEST OF MUTE BEAT』

2011年7月6日発売
価格:2,500円(税込)
OVE-0106

1. MARCH
2. COFFIA
3. STILL ECHO
4. METRO
5. BEAT AWAY
6. JAZZ MAN
7. DOWN TRAIN
8. KIYEV NO SORA
9. FIOLINA
10. MARCH(REBEL MUSIC IN THE AIR)
11. SOMETHING SPECIAL(with GLADDY)

amazonで購入する

GLADDY meets MUTE BEAT
『GLADDY meets MUTE BEAT』

2011年7月6日発売
価格:3,150円(税込)
OVED-0003

1. AFTER THE RAIN
2. WHISKY BAR
3. COFFIA
4. METRO
5. JENKA
6. PAIN
7. ECHO'S SONG
8. ORGAN'S MELODY
9. TEAR UP
10. ROCKSTEADY
11. IT MAY SOUND SILLY
12. CRAZY SKANK
13. LEAVING ROME
14. HOLY MOUNT ZION
15. THINGS I USED TO DO
16. HOLY CHILDREN
17. CLEAR DESCRIPTION
18. THE REBURIAL(アンコール)
19. CHRISTINE KEILER(アンコール)
[特典映像]
BEFORE THE LIVE AFTER THE LIVE

amazonで購入する

MUTE BEAT
『STILL ECHO』

2011年7月6日発売
価格:2,300円(税込)
OVE-0105

1. COFFIA
2. ORGAN'S MELODY
3. ECHO'S SONG
4. SUMMERTIME~FROZEN SUN
5. AFTER THE RAIN
6. NO PROBLEM
7. STILL ECHO
8. SUNNY SIDE WALK
9. A STAIRWELL
10. STILL ECHO(MELODICA MIX)

amazonで購入する

MUTE BEAT『THE BEST OF MUTE BEAT』ジャケット
MUTE BEAT『THE BEST OF MUTE BEAT』ジャケット
MUTE BEAT『GLADDY meets MUTE BEAT』ジャケット
MUTE BEAT『GLADDY meets MUTE BEAT』ジャケット
MUTE BEAT『STILL ECHO』ジャケット
MUTE BEAT『STILL ECHO』ジャケット
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開