ニュース

狂気に至るゴッホの生涯追った魂の物語が再演、栗山民也演出の舞台『炎の人』

ゴッホの生涯を題材にした舞台『炎の人』が、11月4日から東京・天王洲の銀河劇場で上演される。

同公演は、2009年に上演された同名舞台の再演。劇作家・三好十郎の戯曲『炎の人』を栗山民也が演出し、ゴッホ役を前回に続き市村正親が演じる。物語はゴッホがその正義感ゆえに炭鉱町の宣教師職を追われ、絵画の道に救いを見出し後に狂気に侵されていく姿をダイナミックに描く。また、ゴーギャン、ロートレックやベルナールといった画家たちとの交流の日々も描かれている。

2009年の公演では、市村が熱のこもった演技を披露。「ゴッホが憑依したかのよう」と評され、『読売演劇大賞 最優秀男優賞』や『紀伊國屋演劇賞個人賞』を受賞したほか、演出を担当した栗山も『読売演劇大賞 優秀演出家賞』を受賞するなど、高い評価を得ている。今回の再演ではさらに円熟した舞台が期待できるだろう。チケットの一般発売は、8月6日から各プレイガイドでスタート。

『炎の人』

2011年11月4日(金)~11月13日(日)全12回公演
会場:東京都 天王洲 銀河劇場

作:三好十郎
演出:栗山民也
出演:
市村正親
益岡徹
富田靖子
原康義
さとうこうじ
渚あき
斉藤直樹
荒木健太朗
野口俊丞
保 可南
中嶋しゅう
大鷹明良
今井朋彦
銀粉蝶

料金:S席9,000円 A席7,500円

『炎の人』メインビジュアル
『炎の人』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで