ニュース

『ARABAKI』に8otto、MANNISH BOYSら5組追加、震災支援コンピ盤も登場

8月27日と28日に開催される野外音楽フェス『ARABAKI ROCK FEST.11』の追加出演アーティストが発表された。

今回明らかになったのは、8月27日に出演する8otto、spike shoes、LOVE PSYCHEDELICOと、8月28日に出演するMASHとMANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也)の計5組。8月15日にはタイムテーブルの発表も予定している。

さらに、東日本大震災において被災した子供達を支援するプロジェクトとして、同フェスにゆかりのある国内外アーティストの楽曲を中心に収録したコンピレーションアルバム『何ニモ負ケズ/NaninimoMakezu~songs for children from ARABAKI~』の発売が決定。8月26日の『荒吐宵祭』と8月27日、28日の同フェス会場限定で販売されるほか、9月11日からiTunes Storeで配信販売も行われる。なお、同作の収益は被災地の子供達の為の義援金として寄付される。

同作には、eastern youth、曽我部恵一ファミリー・アーケストラら国内勢14組と、Alex Lukashevsky、DO MAKE SAY THINK、Eric Chenauxら国外勢13組の計27組が参加。また、アートワークは、奈良美智と、同作参加のカナダのバンドとの交流が深いトロントの芸術家・HieramWeintraubが手がけている。

『ARABAKI ROCK FEST.11』

2011年8月27日(土)、8月28日(日)
会場:宮城県 川崎町 みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく

8月27日出演:
阿部芙蓉美
eastern youth
泉谷しげる
uhnellys
EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX
envy
OGRE YOU ASSHOLE
8otto
片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ
川内太鼓
KIMONOS
Caravan
クラムボン
group_inou
くるり
毛皮のマリーズ
Cocco
THE COLLECTORS
COMBOPIANO-1
斉藤和義
坂本サトル
SAKEROCK
サンボマスター
Signals
女王蜂
真空ホロウ
スチャダラパー
spike shoes
世界の終わり
SOUL FLOWER UNION
曽我部恵一
タテタカコ
つじあやの
Dezille Brothers(椎名純平、竹内朋康、鈴木渉、白根佳尚、SWING-O a.k.a.45)
東京スカパラダイスオーケストラ
トクマルシューゴ
七尾旅人
noodles
ねごと
畠山美由紀
THE BACK HORN
ハナレグミ
Theピーズ
ザ・ビートモーターズ
the pillows
藤原美幸(秋田民謡)
PONTIACS
真心ブラザーズ
夢弦会(津軽三味線)
yanokami
ラビッツ(山口洋+おおはた雄一)
LOVE PSYCHEDELICO
THEラブ人間
渡watary
みちのくプロレス
and more

8月28日出演:
ASIAN KUNG-FU GENERATION
ARABAKI BLUES produced by JUNZI IKEHATA(池畑潤二(ROCK'N'ROLL GYPSIES、HEATWAVE)、花田裕之(ROCK'N'ROLL GYPSIES)、浅井健一(PONTIACS、SHERBETS)、チバユウスケ(The Birthday)、百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)、ヤマジカズヒデ(dip)、井上富雄,渡辺圭一(HEATWAVE)、クハラカズユキ(The Birthday)、ヤノ(POLYSICS))
andymori
エレファントカシマシ
Eric Chenaux
オワリカラ
9mm Parabellum Bullet
GTGGTR祭(佐藤タイジ[Vo&Gt/THEATRE BROOK]、田中和将[Vo&Gt/GRAPEVINE]、西川弘剛[Gt/GRAPEVINE]、長田進[Gt]、中條卓[Ba /THEATRE BROOK]、金戸覚[Ba/GRAPEVINE]、亀井亨[Dr/GRAPEVINE]、沼澤尚[Dr/THEATRE BROOK]、エマーソン北村[Key/THEATRE BROOK]、高野勲[Key/GRAPEVINE])
黒猫チェルシー
Ken Yokoyama
子供ばんど
小林太郎
salyu×salyu
SION
高木正勝
つしまみれ(ゲスト:ウルフルケイスケ)
the telephones
10-FEET
堂島孝平
怒髪天
仲井戸麗市「津軽のまほろばSESSION」(仲井戸麗市[Vo&Gt]、吉田建[Ba]、村上“ポンタ”秀一[Dr]、伊東ミキオ[Key]、曽我部恵一、寺岡呼人、土屋公平)
長澤知之
Nothing's Carved In Stone
NATSUMEN
The Birthday
the HIATUS
BOWWOW
元ちとせ
he
HiGE
藤原美幸(秋田民謡)
a flood of circle
Heavenstamp
POLYSICS
前野健太とDAVID BOWIEたち
マキシマムザホルモン
MASH
MANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也)
雅-MIYAVI-
夢弦会(津軽三味線)
MO'SOME TONEBENDER
MONOBRIGHT
山本隆太トリオ
吉井和哉
LITE
LITTLE CREATURES
レキシ
みちのくプロレス
センダイガールズプロレスリング
and more

料金:
1日券各8,000円
2日通し券14,000円
2日通し4人券48,000円
キャンプサイト券4,000円(テント・タープ各1張4名までの料金)

『何ニモ負ケズ/NaninimoMakezu~songs for children from ARABAKI~』(2CD)

2011年8月26日開催の『荒吐宵祭』、8月27日、28日開催の『ARABAKI ROCK FEST.11』会場限定発売
価格:3,000円(税込)

参加アーティスト:
[DISCA]
eastern youth
坂本サトル
佐藤タイジfea'Char
THE BACK HORN
SION
曽我部恵一ファミリー・アーケストラ
タテタカコ
つじあやの+堂島孝平
畠山美由紀
風味堂
MONGOL800
山口洋/細海魚
吉井和哉
渡邊琢磨
[DISCB]
Alex Lukashevsky
DO MAKE SAY THINK
Eric Chenaux
Lullabye Arkestra
OHBIJOU
SandroPerri
Snowblink
STARS
the germans
The Happiness Project
The Silver Hearts
Timber Timbre
YEARS

『ARABAKI ROCK FEST.11』ロゴ
『ARABAKI ROCK FEST.11』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと