ニュース

仲里依紗が家なし金なしの臨月妊婦に挑戦、石井裕也監督作『ハラがコレなんで』

仲里依紗主演の映画『ハラがコレなんで』が、今年11月から東京・シネクイント渋谷ほか全国で公開される。

同作の主人公は、義理と人情をモットーに「粋」に生きていく妊娠9ヶ月の主人公・原光子。家もお金もなく、旦那もいない崖っぷちの彼女が、周囲の優しく不器用な人々のために奔走するというストーリーだ。

監督を務めるのは、『川の底からこんにちは』『あぜ道のダンディ』などを手掛けた石井裕也。主演の妊婦役には仲里依紗が起用されたほか、『マイ・バック・ページ』『BECK』などの話題作に出演した中村蒼、実力派俳優の石橋凌ら個性的な面々が脇を固めている。

なお、同作の主題歌はGOING UNDER GROUNDによる書き下ろし楽曲“愛なんて”に決定。石井監督とのディスカッションにより生まれた、同作に流れるスピリットをそのまま表現した作品に仕上がっている。

『ハラがコレなんで』

2011年11月、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
監督・脚本:石井裕也
主題歌:GOING UNDER GROUND“愛なんて”
出演:
仲里依紗
中村蒼
石橋凌
稲川美代子
並樹史朗
竹内都子
大野百花
螢雪次朗
瀧川鯉昇
戸次重幸
森岡龍
斉藤慶子
配給:ショウゲート

(画像上:『ハラがコレなんで』スチール、画像下:GOING UNDER GROUND)

『ハラがコレなんで』スチール
『ハラがコレなんで』スチール
GOING UNDER GROUND
GOING UNDER GROUND
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと