ニュース

日本のプロダクトデザイン第2世代を担った川上元美の初回顧展、佐藤卓ら迎えた鼎談も

デザイナー・川上元美の回顧展『MOTOMI KAWAKAMI CHRONICLE 1966-2011 川上元美 デザインの軌跡』が、9月9日から東京・新宿のリビングデザインセンターOZONEで開催される。

1960年代後半からデザイン活動を始めた川上元美は、1970年代に椅子「NT」や「BRITZ / TUNE」などの代表作を発表。数々のプロダクトデザインやインテリアデザイン、環境デザインなどを手がけ、各地の地場産業の活性化事業や地方人材育成事業にも協力するなど、70歳を迎えた今もなお自由な感性に磨きをかけて活動している。

同展は、イタリア・ミラノでアンジェロ・マンジャロッティに師事した1966年から現在まで、45年におよぶ川上のデザイン活動の軌跡を追ったもの。実作品や図面などこれまでにデザインされた約800点におよぶ作品群の中から、川上自らの監修により厳選された各時代を象徴する約80点が紹介される。会場内に設けられた大小さまざまな箱を巡ることで、各作品の時代性を感じることができると共に、インテリアデコレーター長山智美による川上デザインのコーディネートなど、同イベントでしか見られない部屋も出現するという。

また、会期中には建築家・鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)やアートディレクター佐藤卓らを交えたトークショーも開催。詳細は概要及びオフィシャルサイトをチェックして欲しい。

※記事掲載時から作品展示点数が変更になりました


『MOTOMI KAWAKAMI CHRONICLE 1966-2011 川上元美 デザインの軌跡』

2011年9月9日(金)~9月25日(日)
会場:東京都 新宿 リビングデザインセンターOZONE(パークタワーホール3F)
時間:10:30~19:00
休館日:水曜(祝日を除く)

『川上元美・デザイン鼎談』

第1回『川上元美とイタリアデザイン黄金期』
2011年9月10日(土)14:00~15:00(受付開始13:30)
会場:東京都 新宿 リビングデザインセンターOZONE(パークタワーホール3F)
出演:
川上元美
佐藤和子
植木莞爾
定員:40名(申込先着順)
参加費:無料

第2回『川上元美デザイン 次世代への継承』
2011年9月18日(日)14:00~15:00(受付開始13:30)
会場:東京都 新宿 リビングデザインセンターOZONE(パークタワーホール3F)
出演:
川上元美
川上典李子
鈴野浩一
定員:40名(申込先着順)
参加費:無料

第3回『川上元美デザイン 作品と思想』
2011年9月23日(金・祝)14:00~15:00(受付開始13:30)
会場:東京都 新宿 リビングデザインセンターOZONE(パークタワーホール3F)
出演:
川上元美
佐藤卓
新見隆
定員:40名(申込先着順)
参加費:無料

(画像上から:REGIA(2005)、NT (1977) 発売当時のポスター PHOTO:長浜 治、BLITZ(1981-1994)/TUNE (1995)、FIORENZA(1968)、有田HOUEN(2005))

REGIA(2005)
REGIA(2005)
NT (1977) 発売当時のポスター PHOTO:長浜 治
NT (1977) 発売当時のポスター PHOTO:長浜 治
BLITZ(1981-1994)/TUNE (1995)
BLITZ(1981-1994)/TUNE (1995)
FIORENZA(1968)
FIORENZA(1968)
有田HOUEN(2005)
有田HOUEN(2005)
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表