ニュース

大友良英が坂本龍一、宇川直宏らと福島の未来語り合う書籍『クロニクルFUKUSHIMA』

音楽家・大友良英が仲間と共に「フクシマ」の現在と未来を見据える書籍『クロニクルFUKUSHIMA』が、9月23日に刊行された。

福島県福島市で10代を過ごし、その後ミュージシャンとして世界を舞台に活動する大友良英。同書籍は、大友が東日本大震災、福島原発事故および今年8月15日に福島市で開催された大友ら主催のイベント『フェスティバルFUKUSHIMA!』をテーマに行った対談などを収録。また、大友による震災直後からフェス開催までの日記、東京藝術大学における講義の一部なども収められている。

対談に登場するのは、福島県二本松市出身のミュージシャン遠藤ミチロウをはじめ、事故以前から反原発運動を続ける坂本龍一、「DOMMUNE」主宰の宇川直宏、福島県郡山市在住で「DOMMUNE FUKUSHIMA!」の福島支局長を務める森彰一郎。さらに放射線衛生学者・木村真三、福島市でカフェギャラリー「風と木」を営む丹治博志・智恵子・宏大の一家、震災後Twitter上で連作詩『詩の礫』を発表し話題を集めた福島市生まれの詩人・和合亮一といった大友の呼びかけに答えた人物たち。

反原発と原発推進という観点にとどまらず、人や文化の繋がりによって震災と向き合おうとする試みである同書は、福島から目を背けるのではなく、福島と共に生きていく未来を模索する契機となるだろう。

『クロニクルFUKUSHIMA』

2011年9月23日刊行
著者:大友良英
共著:宇川直宏、遠藤ミチロウ、木村真三、坂本龍一、丹治博志・智恵子・宏大、森彰一郎、和合亮一
価格:1,680円(税込)
発行:青土社

amazonで購入する

『クロニクルFUKUSHIMA』書影
『クロニクルFUKUSHIMA』書影
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開