ニュース

深遠な人間愛に貫かれたアート、ベン・シャーンの多彩な全貌に迫る回顧展

20世紀のアメリカを舞台に活躍したアーティストの回顧展『ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト ―写真、絵画、グラフィック・アート―』が、2012年1月29日まで神奈川県立近代美術館 葉山で開催されている。

社会問題や日々の生活、家族や子供、身近な動物、神話など多岐にわたるテーマを扱いながら、一貫して人間存在に暖かな眼差しを向ける作品を残したシャーンは、1898年にバルト海に近いコヴノ(現リトアニアのカウナス)のユダヤ人家庭に生まれ、1906年にアメリカへ移住。ニューヨークの石版画製作所で徒弟修業をしながら夜間高校や大学に通い、ヨーロッパ旅行を経て画家の道を歩んだ。

同展の会場には、日本のマグロ漁船がアメリカの水爆実験により被爆した「第五福竜丸事件」をテーマにした晩年の作品群をはじめ、絵画、ドローイングやポスター、版画集、装丁、挿絵、LPレコードのジャケットなど200点におよぶ作品と、約300点の写真を展示。同展では、多くのイラストレーターやデザイナーに大きな影響を与えた独特の美的感覚と、深い人間愛に満ちた作家の全貌に迫る。

なお、会期中は講演会やワークショップなども開催。事前申込が必要なイベントもあるので、同美術館のオフィシャルサイトで確認して欲しい。

『ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト ―写真、絵画、グラフィック・アート―』

2011年12月3日(土)~2012年1月29日(日)
会場:神奈川県 葉山町 神奈川県立近代美術館 葉山
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(1月9日は開館)、12月29日(木)~2012年1月3日(火)
料金:一般1,100円 20歳未満・学生950円 65歳以上550円 高校生100円

講演会1
『写真家としてのベン・シャーン』

2011年12月10日(土)14:30~16:00
会場:神奈川県 葉山町 神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
講師:飯沢耕太郎(写真評論家)
定員:50人(要申込、先着順受付)
料金:無料

展覧会鑑賞会
『冬の鎌倉・葉山―展覧会鑑賞の一日』

2011年12月10日(土)10:00~16:00
定員20名(要申込、先着順受付)
料金:無料(鎌倉館と葉山館の観覧券が必要)

ワークショップ
『気持ちを言葉に、言葉をカタチに』

2011年12月18日(日)11:00~16:30
会場:神奈川県 葉山町 神奈川県立近代美術館 葉山 展示室・講堂
講師:和合亮一(詩人)
定員:40名(要申込、先着順受付)
料金:無料(展覧会の観覧券必要)

コンサート
『即興演奏―音/ベン・シャーン/空間』

2011年12月24日(土)13:30~、15:00~(2回公演)
会場:神奈川県 葉山町 神奈川県立近代美術館 葉山 展示室
出演:
かみむら泰一(Sax)
芳垣安洋(Per)、
高良久美子(ビブラフォン)
料金:無料(申込不要、展覧会の観覧券必要)

講演会2
『歌う線描、奏でるドローイング ~ベン・シャーンのLPジャケットが伝えるメッセージ~』

2012年1月8日(日)14:30~16:00
会場:神奈川県 葉山町 神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
講師:沼辺信一(編集者、本展出品者、LPレコード収集・研究)
定員:70人(要申込、先着順受付)
料金:無料

ゲストトーク
『山本純司さんを迎えて』

2012年1月14日(土)14:00~15:00
会場:神奈川県 葉山町 神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
ゲスト:山本純司(『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』[絵:ベン・シャーン 構成・文:アーサー・ビナード 集英社刊]の編集者)
聞き手:李美那(本展担当学芸員)
定員:70名(申込不要、当日先着順受付)
料金:無料

担当学芸員によるトーク
『ベン・シャーン展ができるまで』

2012年1月22日(日)14:00~14:30
会場:神奈川県 葉山町 神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
定員:70名(申込不要、当日先着順受付)
料金:無料

(画像上:《ウェスト・ヴァージニア州、スコッツ・ラン、オウマ》1935年、写真 Harverd Art Museums / Fogg Museum Gift of Bernarda Bryson Shahn、画像下:《京都市、河原町通、映画館文映》1960年3月14日-4月22日、写真 Harverd Art Museums / Fogg Museum Gift of Bernarda Bryson Shahn)

《ウェスト・ヴァージニア州、スコッツ・ラン、オウマ》1935年、写真 Harverd Art Museums / Fogg Museum Gift of Bernarda Bryson Shahn
《ウェスト・ヴァージニア州、スコッツ・ラン、オウマ》1935年、写真 Harverd Art Museums / Fogg Museum Gift of Bernarda Bryson Shahn
《京都市、河原町通、映画館文映》1960年3月14日-4月22日、写真 Harverd Art Museums / Fogg Museum Gift of Bernarda Bryson Shahn
《京都市、河原町通、映画館文映》1960年3月14日-4月22日、写真 Harverd Art Museums / Fogg Museum Gift of Bernarda Bryson Shahn
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』 1

    忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』

  2. 『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット 2

    『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット

  3. 森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴 3

    森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴

  4. 中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介 4

    中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介

  5. Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント 5

    Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント

  6. 『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場 6

    『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場

  7. Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔 7

    Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔

  8. 『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催 8

    『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催

  9. 波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター 9

    波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター

  10. 菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事 10

    菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事