100組の新たな才能が集う4日間、恒例アートフェス『SICF』が今年も開催

アートフェスティバル『SICF13』が、東京・青山のスパイラルホールで5月3日から6日の4日間にわたって開催される。

イベント名の『SICF』とは、「スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル」を略したもの。次世代を担う新しい才能の発掘と支援を目的に2000年から公募展形式で開催されており、今年で13回目を迎える。

会期は前半2日のA日程と後半2日のB日程に分けられ、各日50組、両日あわせて100組のクリエーターが出展。絵画や彫刻、インスタレーション、写真、映像などのアート作品を中心に、洋服やインテリア、雑貨などジャンルを問わない展示が行われる。各ブースには出展者が基本的に常駐しており、来場者は作品の鑑賞や購入だけでなく、出展者本人と直接コミュニケーションをとることも可能となっている。

また、審査員には浅井隆(有限会社アップリンク社長、『webDICE』編集長)、佐藤尊彦(ビームス販売促進本部プレス)、紫牟田伸子(編集家)、南條史生(森美術館館長)、岡田勉(スパイラルチーフキュレーター)が名を連ねている。さらに、来場者の投票で決まるオーディエンス賞なども用意されるほか、授賞式の様子はUstreamで配信を予定している。


『SICF13』

A日程:2012年5月3日(木・祝)~5月4日(金・祝)11:00~19:00
B日程:2012年5月5日(土・祝)~5月6日(日)11:00~20:00
※両日程ともに50組2日間ずつ
会場:東京都 青山 スパイラルホール(スパイラル3F)
審査員:
浅井隆(有限会社アップリンク社長、『webDICE』編集長)
佐藤尊彦(株式会社ビームス販売促進本部プレス)
紫牟田伸子(編集家、プロジェクトエディター)
南條史生(森美術館館長)
岡田勉(スパイラルチーフキュレーター)
料金:
1日券 一般700円 学生500 円
フリーパス 一般1,000円 学生700円

(画像上から:『SICF13』ロゴ、津田真希作品、高山雅克作品、高埼紗弥香作品)

  • HOME
  • Art,Design
  • 100組の新たな才能が集う4日間、恒例アートフェス『SICF』が今年も開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて