復興支援イラスト集『Magnitude ZERO』展が東京上陸、しりあがり×竹熊トークも

東日本大震災の被災地復興を応援するイラスト展『東北大震災復興支援イラスト集 「MagnitudeZERO」展』が、5月16日から東京・渋谷のUPLINKで開催される。

今年3月から京都国際マンガミュージアムで行われていた展覧会に続く同展は、東北復興支援イラスト集『Magnitude ZERO』の刊行を記念して行われるもの。このイラスト集には、フランスでスタートしたチャリティイラストプロジェクトに世界中から寄せられた、数千にもおよぶ作品の中から厳選された約60点と、日本人作家を中心にした約60点を掲載。日本からは、しりあがり寿、安齋肇、中島信也、平田弘史、藤原カムイ、森本晃司、小池桂一、三代目魚武濱田成夫、ミック・イタヤ、伊藤桂司、河村康輔らが参加している。

なお、会期中の5月19日には、しりあがり寿と竹熊健太郎が復興と表現の役割について語り合うトークイベントも開催。予約はUPLINKのオフィシャルサイトで受付中だ。


『東北大震災復興支援イラスト集「MagnitudeZERO」展』

2012年5月16日(水)~5月21日(月)
会場:東京都 渋谷 UPLINK 1F展示スペース
時間:12:00~22:00
料金:無料

トークショー
『しりあがり寿×竹熊健太郎 ~あの日からの「表現」とは~ 復興と表現の役割について』
2012年5月19日(土)19:00~
会場:東京都 渋谷 UPLINK
出演:
しりあがり寿
竹熊健太郎
料金:前売2,000円 当日2,200円(1ドリンク付)

『Magnitude ZERO』

2012年3月7日刊行
価格:2,310円(税込)
発行:マインドクリエーターズ

amazonで購入する

(画像上から:しりあがり寿作品、中島信也作品、藤原カムイ作品、伊藤桂司作品、ミスタ・ベニー作品)

  • HOME
  • Art,Design
  • 復興支援イラスト集『Magnitude ZERO』展が東京上陸、しりあがり×竹熊トークも

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて