フランシス・F・コッポラ最新作は、小説家と謎の美少女によるゴシックミステリー

フランシス・フォード・コッポラ監督の最新作『Virginia/ヴァージニア』が、今年の夏に東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開される。

コッポラ監督にとって2009年の『テトロ 過去を殺した男』以来3年ぶりの新作となる同作は、ミステリー小説の原点とも称される作家エドガー・アラン・ポーをモチーフにしたゴシックミステリー作品。主人公の小説家が、呪われた街で起こった過去と現在の2つの事件の真相を謎の美少女V.と共に紐解いていくというあらすじだ。

小説家役を『トップガン』や『ドアーズ』で知られるヴァル・キルマー、V.役を『SOMEWHERE』『SUPER8/スーパー8』のエル・ファニングが演じるほか、ナレーションには『アウトサイダー』『コットンクラブ』『ドラキュラ』などのコッポラ作品に出演してきたトム・ウェイツが名を連ねている。


『Virginia/ヴァージニア』

2012年夏からヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
監督・脚本・製作:フランシス・フォード・コッポラ
出演:
ヴァル・キルマー
エル・ファニング
ベン・チャップリン
ブルース・ダーン
トム・ウェイツ
配給:カルチュア・パブリッシャーズ

(画像:©Zoetrope Corp.2011)

  • HOME
  • Movie/Drama
  • フランシス・F・コッポラ最新作は、小説家と謎の美少女によるゴシックミステリー

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて