死者と生者の再会描く映画『ツナグ』から場面写真続々、原作は新直木賞作家・辻村深月

死者との再会を描く映画『ツナグ』が、10月6日から全国東宝系で公開される。

同作の原作は、『第147回直木賞』を受賞した作家・辻村深月が2010年に発表した同名の連作長編小説。死者と生者の再会を仲介する使者「ツナグ」になることを目指している高校生・歩美を主人公に据え、依頼者たちの物語や歩美が抱くツナグへの様々な疑問、歩美の両親の死の真相などが描かれる。

主人公の歩美役を演じるのは、NHK朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』に出演中の松坂桃李。歩美にツナグの役目を引き継ぐ祖母・アイ子役を樹木希林が演じる。癌で亡くなった女性・ツル役に八千草薫、ツルへの再会を依頼する息子・畠田役に遠藤憲一、交通事故で死んだ親友・御園に会うことを依頼する女子高生・嵐役に橋本愛、御園役に大野いと、突然失踪した女性・キラリ役に桐谷美玲、キラリの安否を確かめようとする依頼人・土谷役に佐藤隆太がキャスティングされている。監督と脚本は映画『陰日向に咲く』などを手掛けた平川雄一朗。オフィシャルサイトで予告編が公開されているのでチェックしてみよう。


『ツナグ』

2012年10月6日(土)から全国東宝系ロードショー
監督・脚本:平川雄一朗
原作:辻村深月『ツナグ』(新潮社)
音楽:佐藤直紀
出演:
松坂桃李
樹木希林
佐藤隆太
桐谷美玲
橋本愛
大野いと
遠藤憲一
別所哲也
本上まなみ
浅田美代子
八千草薫
仲代達矢
配給:東宝

(画像:©2012「ツナグ」製作委員会)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 死者と生者の再会描く映画『ツナグ』から場面写真続々、原作は新直木賞作家・辻村深月

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて