美術家・会田誠に密着した『駄作の中にだけ俺がいる』、「エロスと毒」を赤裸々に撮影

現代美術家・会田誠に密着したドキュメンタリー映画『駄作の中にだけ俺がいる』が、今秋から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

11月17日から東京・六本木の森美術館で大規模個展『会田誠展:天才でごめんなさい』の開催も控えている会田誠。絵画や写真、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画など多岐にわたるジャンルで、斬新かつ豊かな発想と技術に裏打ちされた大胆な表現活動を展開している。2003年には会田の制作風景を捉えた記録映画『≒会田誠 ~無気力大陸~』も製作されている。

『駄作の中にだけ俺がいる』は、『会田誠展』でも展示予定の大作『滝の絵』と『灰色の山』を制作中の会田を1年にわたって密着撮影した作品。日常生活のなかで見せる夫や父としての素顔や本音なども交えながら、作品世界の核にある「エロスと毒」を赤裸々に捉えている。監督は渡辺正悟、ナレーションは会田の妻・岡田裕子が担当。同作の予告編がオフィシャルサイトとYouTubeで公開されているのでこちらもチェックしてみよう。

CINRA.NETでは、『駄作の中にだけ俺がいる』の劇場招待券を5組10名様にプレゼントいたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2012年11月4日)

『駄作の中にだけ俺がいる』

2012年晩秋からユーロスペースほか全国で順次公開
監督:渡辺正悟
出演:会田誠
ナレーション:岡田裕子
配給:ブラウニー

(画像:©ザ・ファクトリー)

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 美術家・会田誠に密着した『駄作の中にだけ俺がいる』、「エロスと毒」を赤裸々に撮影

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて