15歳未満は鑑賞禁止、過激で下品なテディベアと中年男の友情描く映画『テッド』

命が宿ったテディベアと中年男の友情を描くファンタジックコメディー映画『テッド』が、2013年1月18日から東京・有楽町のTOHOシネマズ スカラ座ほか全国で公開される。

同作では、元いじめられっ子で現在は30代の中年男性になったジョンと、少年時代のジョンが「本当の友達になれますように」と祈ったことから実際に魂を持ったテディベア、テッドの物語が描かれる。かつては「奇跡のテディベア」と持てはやされたテッドは、幻覚キノコで逮捕されてから人気が急降下し、現在は過激で下品なジョークを飛ばす女好きの中年テディベアになっていた。「親友」として27年間を共に過ごしてきたテッドとジョンだったが、やがてジョンは恋人ローリーに「テッドと自分のどちらが大切なのか」と迫られ、ついにテッドからの自立を決心する。

ソファーでマリファナ片手にB級映画を鑑賞する毎日を送るやさぐれたテディベアという奇抜なアイデアを、ファンタジックな友情物語に仕上げたのは、同作が初監督作品となるセス・マクファーレン。俳優、声優、脚本家など多彩な顔をもつ同監督は、自らテッドの声も担当している。ジョン役は『ディパーテッド』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』などで知られるマーク・ウォールバーグが演じている。なお、同作は15歳未満は鑑賞できない「R15+」に指定されている。

『テッド』

2013年1月18日からTOHOシネマズ スカラ座ほか全国で公開
監督・脚本:セス・マクファーレン
出演:
マーク・ウォールバーグ
ミラ・クニス
配給:東宝東和

(画像:©UniversalPictures/Tippett Studio)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 15歳未満は鑑賞禁止、過激で下品なテディベアと中年男の友情描く映画『テッド』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて