ニュース

解散表明のパパ・タラフマラが書籍刊行、30年の軌跡と閉塞する日本社会の問題を刻印

パフォーミングアーツカンパニー「パパ・タラフマラ」の解散をめぐる書籍『ロング グッドバイ ―パパ・タラフマラとその時代』が刊行された。

パパ・タラフマラは、代表の小池博史を中心として1982年に設立。ダンス、演劇、美術、音楽、文学などの様々なジャンルを横断し、舞台空間全体をひとつのアートに築き上げる手法は国内外で高い評価を得てきた。昨年6月に解散を発表し、現在は解散記念フェスティバル『パパ・タラフマラ・ファイナルフェスティバル』を4月まで継続的に開催している。

同書には、UPLINK代表の浅井隆、東京都現代美術館チーフキュレーターの長谷川祐子と小池の対談をはじめ、同カンパニーとの関係も深いセゾン文化財団理事長・堤清二、現代美術作家のヤノベケンジ、映画監督・是枝裕和、劇作家の平田オリザ、パフォーマンスカンパニー・快快といった多彩な顔ぶれへのインタビューも掲載。また、写真家・写真評論家の港千尋、詩人の谷川俊太郎、小説家の天童荒太らによる論考も掲載している。同カンパニーが辿ってきた30年の軌跡を追うと共に、助成金問題などを通じて日本社会における表現のあり方にも真正面から向き合った、読み応えのある内容となっている。

『ロング グッドバイ ―パパ・タラフマラとその時代』

2012年12月刊行
著者:パパ・タラフマラ、小池博史
価格:2,415円(税込)
発行:青幻舎

amazonで購入する

パパ・タラフマラ、小池博史『ロング グッドバイ ―パパ・タラフマラとその時代』表紙
パパ・タラフマラ、小池博史『ロング グッドバイ ―パパ・タラフマラとその時代』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年