ニュース

解散表明のパパ・タラフマラが書籍刊行、30年の軌跡と閉塞する日本社会の問題を刻印

パフォーミングアーツカンパニー「パパ・タラフマラ」の解散をめぐる書籍『ロング グッドバイ ―パパ・タラフマラとその時代』が刊行された。

パパ・タラフマラは、代表の小池博史を中心として1982年に設立。ダンス、演劇、美術、音楽、文学などの様々なジャンルを横断し、舞台空間全体をひとつのアートに築き上げる手法は国内外で高い評価を得てきた。昨年6月に解散を発表し、現在は解散記念フェスティバル『パパ・タラフマラ・ファイナルフェスティバル』を4月まで継続的に開催している。

同書には、UPLINK代表の浅井隆、東京都現代美術館チーフキュレーターの長谷川祐子と小池の対談をはじめ、同カンパニーとの関係も深いセゾン文化財団理事長・堤清二、現代美術作家のヤノベケンジ、映画監督・是枝裕和、劇作家の平田オリザ、パフォーマンスカンパニー・快快といった多彩な顔ぶれへのインタビューも掲載。また、写真家・写真評論家の港千尋、詩人の谷川俊太郎、小説家の天童荒太らによる論考も掲載している。同カンパニーが辿ってきた30年の軌跡を追うと共に、助成金問題などを通じて日本社会における表現のあり方にも真正面から向き合った、読み応えのある内容となっている。

『ロング グッドバイ ―パパ・タラフマラとその時代』

2012年12月刊行
著者:パパ・タラフマラ、小池博史
価格:2,415円(税込)
発行:青幻舎

amazonで購入する

パパ・タラフマラ、小池博史『ロング グッドバイ ―パパ・タラフマラとその時代』表紙
パパ・タラフマラ、小池博史『ロング グッドバイ ―パパ・タラフマラとその時代』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業