ニュース

LITEの配信シングル『arch』にMice Paradeボーカル参加、ライブは2部構成に

LITEの配信シングル『arch』が1月18日にリリースされる。

同シングルには、Mice Paradeのボーカルなどでも知られるCarolineがゲストボーカルとして参加。共同プロデューサーおよびエンジニアには、前作のアルバム『For all the innocence』同様にBOOM BOOM SATELLITESなどを手掛ける三浦カオルを迎えている。前作ではシンセサイザーやサンプリングの要素とバンドサウンドの融合を実現したが、『arch』ではさらにエレクトロニカの要素を強めた新たなサウンドを展開しているという。

さらに、2月3日に東京・恵比寿LIQUIDROOM、2月5日に大阪・梅田Shangri-Laで行われるワンマンライブが共に2部構成になることも明らかになった。第1部は1stアルバム『filmlets』と2ndアルバム『Phantasia』の楽曲などをメインに、シンセサイザーが導入される以前の楽器編成で演奏。2部ではシンセサイザー導入以降の楽曲を中心に、ゲストミュージシャンも交えたアルバム楽曲の再現に挑むという。

LITE
『arch』

2012年1月18日からiTunes Store、OTOTOYで配信発売
価格:
iTunes Store 200円(税込)
OTOTOY 200円(MP3、税込) 250円(WAV、税込) 300円(HQD、税込)

1. arch(Guest Vocal: Caroline)

LITEワンマンライブ
『Approaches』

2012年2月3日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 恵比寿LIQUIDROOM
出演:LITE
ゲスト:
Caroline
and more
料金:前売3,000円(ドリンク別)

2012年2月5日(日)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 梅田Shangri-La
出演:LITE
ゲスト:
Caroline
and more
料金:前売3,000円(ドリンク別)

(画像上:LITE、画像下:Caroline)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告