ニュース

日本最大級のアート見本市『アートフェア東京2012』、国内外135のギャラリーが集結

国内外24都市のギャラリーのアート作品を展示・販売する日本最大級のアート見本市『アートフェア東京2012』が、東京・有楽町の東京国際フォーラムで3月30日から4月1日まで開催される。

2005年より開催され、今回で7回目となる同フェアは、古美術や工芸から、日本画、洋画、現代美術、写真、版画、ビデオアートまで様々な作品が一堂に会すイベント。ジャンルや時代を越えてアートを楽しむとともに、購入する機会を提供しながら東京のアートシーンがもつ魅力を広く伝えている。

135軒のギャラリーが参加する今年は、昨年掲げた「アートを開く」というテーマをさらに発展させ、展示ホールを全面使用するなど規模を拡大して開催。昨年に現代美術の実験的展示としてスタートした『アーティスティック・プラクティス 』セクションも拡張されるほか、山下裕二(明治学院大学教授)キュレーションによる『シャッフルII』展も実施される。

さらに、「アジアにおける東京」というビジョンのもと、ソウル、台北、北京などのアジアの主要都市で高い評価を得ているギャラリーが参加する『ディスカバー・アジア』を新設。また、『PROJECTS』セクションでは国際色豊かな若手ギャラリーが出展するほか、ブースでは収まりきらない作品も展示する新セクション『project in PROJECTS』を設け、旬なアートとの出会いも演出する。

また、食やファッションなど他ジャンルとのコラボレーションなど、ユニークな新企画も多数実施される予定。詳細については同フェアのオフィシャルサイトで順次公開される。また、出展ギャラリーは同フェアのオフィシャルサイトに掲載中だ。


『アートフェア東京2012』

2012年3月30日(金)11:00~21:00
2012年3月31日(土)11:00~20:00
2012年4月1日(日)10:30~17:00
※全日入場は終了30分前まで、3月29日は招待状が必要な特別内覧会

会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール
料金:
1DAYパスポート2,000円(一般会期中の1日に限り自由に入退場が可能)
3DAYパスポート3,500円(一般会期中自由に入退場が可能)
小学生以下無料(但し大人同伴)

講演・シンポジウム
『アイディア・アンド・ソーツ』
2012年3月31日(土)、4月1日(日)
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム 地下2階 展示ホールBセミナー室
4月1日出演:
山下裕二
千宗屋
ほか、詳細はウェブサイトに掲載予定

『ガイドツアー』
2012年4月1日(日)午前中~ ※4回程度開催
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール

『キッズプログラム』
2012年4月1日(日)
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール 特設ブース
参加アーティスト:一時画伯

『スペシャル・ビデオプログラム』
2012年3月30日(金)
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム 地下2階 展示ホールBセミナー室

『アート・アット・レストラン』
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム周辺レストラン

(画像上から:『アートフェア東京2012』ロゴ、『アートフェア東京2011』会場風景 ©アートフェア東京2011 撮影:岩下宗利、青山|目黒 『ホットスポット』 亜 真里男 2011 油彩、キャンパス 80 × 100cm、MAN RAY『ANTONIN ARTAUD』 1926 ©Man Ray Trust / ADAGP ギャラリー・ショウ・コンテンポラリーアート、SnowContemporary 山川冬樹 『「パ」日誌メント』 2011/1/1- SNOW Contemporary)

『アートフェア東京2012』ロゴ
『アートフェア東京2012』ロゴ
『アートフェア東京2011』会場風景 ©アートフェア東京2011 撮影:岩下宗利
『アートフェア東京2011』会場風景 ©アートフェア東京2011 撮影:岩下宗利
青山|目黒 『ホットスポット』 亜 真里男 2011 油彩、キャンパス 80 × 100cm
青山|目黒 『ホットスポット』 亜 真里男 2011 油彩、キャンパス 80 × 100cm
MAN RAY『ANTONIN ARTAUD』 1926 ©Man Ray Trust / ADAGP ギャラリー・ショウ・コンテンポラリーアート
MAN RAY『ANTONIN ARTAUD』 1926 ©Man Ray Trust / ADAGP ギャラリー・ショウ・コンテンポラリーアート
SnowContemporary 山川冬樹 『「パ」日誌メント』 2011/1/1- SNOW Contemporary
SnowContemporary 山川冬樹 『「パ」日誌メント』 2011/1/1- SNOW Contemporary
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年