ニュース

温泉イベント『音泉温楽』が九州上陸、勝手に観光協会に山田五郎がギターで参加

温泉地を舞台にしたライブイベント『音泉温楽2012・春 肥前佐賀・嬉野温泉』が、3月17日と18日に佐賀県・嬉野温泉の大村屋 大広間で開催される。

同イベントは「温泉復古の大号令」をコンセプトに掲げ、2009年に長野県・渋温泉でスタートした恒例企画。九州では初開催となる今回は、日本三大美肌の湯に数えられる嬉野温泉が舞台となる。また、会場となる天保元年創業の老舗旅館・大村屋では、音楽を楽しみながら地酒や郷土料理も味わえるという。

出演者は、みうらじゅんと安齋肇による「勝手に観光協会」、前野健太、Omodaka、Invisible Designs Lab.(Ken Inaoka+KAMRA+Kenjiro Matsuo)、Naturally Gushing (サワサキヨシヒロ feat.テディ熊谷)、DJ陣には常盤響、タクミ&シュニスタの計7組。勝手に観光協会にはゲストギタリストとして山田五郎が参加するとのこと。チケットは現在発売中。

なお、今後は4月22日に新潟・月岡温泉の月岡ニューホテル冠月で開催されることも決定している。こちらの詳細はイベントのオフィシャルサイトで後日発表される。

『音泉温楽2012・春 肥前佐賀・嬉野温泉』

2012年3月17日(土)14:00~21:30(17:30~19:30夕食休憩)
2012年3月18日(日)11:00~14:00
会場:佐賀県 嬉野温泉 大村屋 大広間
出演:
勝手に観光協会 with 山田五郎
前野健太
Omodaka
Invisible Designs Lab.(Ken Inaoka+KAMRA+Kenjiro Matsuo)
Naturally Gushing (サワサキヨシヒロ feat.テディ熊谷)
常盤響
タクミ&シュニスタ
定員:200名
料金:7,800円(オフィシャル手ぬぐいパス付き)
※小学生以下は入場無料、宿泊交通費は別途必要

(画像:『音泉温楽2012・春 肥前佐賀・嬉野温泉』ロゴ)

『音泉温楽2012・春 肥前佐賀・嬉野温泉』ロゴ
『音泉温楽2012・春 肥前佐賀・嬉野温泉』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材