ニュース

人気俳優が全米を騙したお騒がせドキュメンタリー『容疑者、ホアキン・フェニックス』

アメリカ人俳優のホアキン・フェニックスが、2年間にわたり仕事を全て放棄してまで作りたかったというお騒がせドキュメンタリー映画『容疑者、ホアキン・フェニックス』が、4月28日から東京・渋谷のシネマライズほか全国で順次公開される。

これまでに映画『グラディエーター』『ウォーク・ザ・ライン』で『アカデミー賞』候補に選ばれるなど、世界的なスターとして活躍していたホアキン。2008年に突然の俳優引退とラッパーへの転向を発表し、ファンからは悲しみの声があがっていた。また、主演作PRのために一度だけ出演した当時の生放送番組では、髭を生やした激太りの姿と挙動不審な様子を晒したことで、薬物依存への疑惑も囁かれていたという。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』は、ホアキンの引退宣言から約2年後に公開を迎えた作品。しかし内容は「彼が人生に苦悩するドキュメンタリー映画」という人々の予想を大きく裏切り、実は引退も苦悩も全て嘘で、彼の悪趣味なジョークだったことが発覚したことから、全米に波紋を呼んだ。なお、ホアキンは同作の製作のために、全ての仕事をキャンセルしただけでなく巨額の自費を注ぎこんだという。

同作の監督として壮大ないたずらの片棒を担いだのは、ベン・アフレックの実弟であり、『ジェシー・ジェームズの暗殺』で『アカデミー賞』のノミネート経験をもつ俳優のケイシー・アフレック。作品内ではブルース・ウィリスやジャック・ニコルソン、ベン・スティラーといったセレブ達が次々と騙されていく様子や、「ラッパーになりたい」という彼の熱意に応えてプロデュースを引き受けたプロデューサーのショーン・コムズことディディの哀れな姿が克明に記録されている。

同作について映画評論家の町山智浩は「ホアキンが2年間も全米をだまし、怒らせた! これはバンクシーの『イグジット・スルー・ジ・ギフト・ショップ』的なアートなのか? それともオーソン・ウェルズの『FAKE!』的な実験なのか?」とコメント。また、宇多丸(RHYMESTER)も「これ、サシャ・バロン・コーエンより悪質かも…… 後から真相を知っても、余計にウソとホントを隔てるものがよく分からなくなってくる」と彼のイタズラ心を称賛している。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

2012年4月28日(土)からシネマライズほか全国順次ロードショー
監督:ケイシー・アフレック
製作:ケイシー・アフレック、ホアキン・フェニックス
出演:
ホアキン・フェニックス
アントニー・ラングドン
ケイリー・ペルロフ
ラリー・マクヘイル
ケイシー・アフレック
ジャック・ニコルソン
ブルース・ウィリス
ダニー・デヴィート
ベン・スティラー
ショーン・コムズ(ディディ)
ジェイミー・フォックス
ビリー・クリスタル
ダニー・グローヴァー
配給:トランスフォーマー

(画像:©2010 Flemmy Productions, LLC)

『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年