ニュース

人気俳優が全米を騙したお騒がせドキュメンタリー『容疑者、ホアキン・フェニックス』

アメリカ人俳優のホアキン・フェニックスが、2年間にわたり仕事を全て放棄してまで作りたかったというお騒がせドキュメンタリー映画『容疑者、ホアキン・フェニックス』が、4月28日から東京・渋谷のシネマライズほか全国で順次公開される。

これまでに映画『グラディエーター』『ウォーク・ザ・ライン』で『アカデミー賞』候補に選ばれるなど、世界的なスターとして活躍していたホアキン。2008年に突然の俳優引退とラッパーへの転向を発表し、ファンからは悲しみの声があがっていた。また、主演作PRのために一度だけ出演した当時の生放送番組では、髭を生やした激太りの姿と挙動不審な様子を晒したことで、薬物依存への疑惑も囁かれていたという。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』は、ホアキンの引退宣言から約2年後に公開を迎えた作品。しかし内容は「彼が人生に苦悩するドキュメンタリー映画」という人々の予想を大きく裏切り、実は引退も苦悩も全て嘘で、彼の悪趣味なジョークだったことが発覚したことから、全米に波紋を呼んだ。なお、ホアキンは同作の製作のために、全ての仕事をキャンセルしただけでなく巨額の自費を注ぎこんだという。

同作の監督として壮大ないたずらの片棒を担いだのは、ベン・アフレックの実弟であり、『ジェシー・ジェームズの暗殺』で『アカデミー賞』のノミネート経験をもつ俳優のケイシー・アフレック。作品内ではブルース・ウィリスやジャック・ニコルソン、ベン・スティラーといったセレブ達が次々と騙されていく様子や、「ラッパーになりたい」という彼の熱意に応えてプロデュースを引き受けたプロデューサーのショーン・コムズことディディの哀れな姿が克明に記録されている。

同作について映画評論家の町山智浩は「ホアキンが2年間も全米をだまし、怒らせた! これはバンクシーの『イグジット・スルー・ジ・ギフト・ショップ』的なアートなのか? それともオーソン・ウェルズの『FAKE!』的な実験なのか?」とコメント。また、宇多丸(RHYMESTER)も「これ、サシャ・バロン・コーエンより悪質かも…… 後から真相を知っても、余計にウソとホントを隔てるものがよく分からなくなってくる」と彼のイタズラ心を称賛している。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

2012年4月28日(土)からシネマライズほか全国順次ロードショー
監督:ケイシー・アフレック
製作:ケイシー・アフレック、ホアキン・フェニックス
出演:
ホアキン・フェニックス
アントニー・ラングドン
ケイリー・ペルロフ
ラリー・マクヘイル
ケイシー・アフレック
ジャック・ニコルソン
ブルース・ウィリス
ダニー・デヴィート
ベン・スティラー
ショーン・コムズ(ディディ)
ジェイミー・フォックス
ビリー・クリスタル
ダニー・グローヴァー
配給:トランスフォーマー

(画像:©2010 Flemmy Productions, LLC)

『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信