ニュース

人気俳優が全米を騙したお騒がせドキュメンタリー『容疑者、ホアキン・フェニックス』

アメリカ人俳優のホアキン・フェニックスが、2年間にわたり仕事を全て放棄してまで作りたかったというお騒がせドキュメンタリー映画『容疑者、ホアキン・フェニックス』が、4月28日から東京・渋谷のシネマライズほか全国で順次公開される。

これまでに映画『グラディエーター』『ウォーク・ザ・ライン』で『アカデミー賞』候補に選ばれるなど、世界的なスターとして活躍していたホアキン。2008年に突然の俳優引退とラッパーへの転向を発表し、ファンからは悲しみの声があがっていた。また、主演作PRのために一度だけ出演した当時の生放送番組では、髭を生やした激太りの姿と挙動不審な様子を晒したことで、薬物依存への疑惑も囁かれていたという。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』は、ホアキンの引退宣言から約2年後に公開を迎えた作品。しかし内容は「彼が人生に苦悩するドキュメンタリー映画」という人々の予想を大きく裏切り、実は引退も苦悩も全て嘘で、彼の悪趣味なジョークだったことが発覚したことから、全米に波紋を呼んだ。なお、ホアキンは同作の製作のために、全ての仕事をキャンセルしただけでなく巨額の自費を注ぎこんだという。

同作の監督として壮大ないたずらの片棒を担いだのは、ベン・アフレックの実弟であり、『ジェシー・ジェームズの暗殺』で『アカデミー賞』のノミネート経験をもつ俳優のケイシー・アフレック。作品内ではブルース・ウィリスやジャック・ニコルソン、ベン・スティラーといったセレブ達が次々と騙されていく様子や、「ラッパーになりたい」という彼の熱意に応えてプロデュースを引き受けたプロデューサーのショーン・コムズことディディの哀れな姿が克明に記録されている。

同作について映画評論家の町山智浩は「ホアキンが2年間も全米をだまし、怒らせた! これはバンクシーの『イグジット・スルー・ジ・ギフト・ショップ』的なアートなのか? それともオーソン・ウェルズの『FAKE!』的な実験なのか?」とコメント。また、宇多丸(RHYMESTER)も「これ、サシャ・バロン・コーエンより悪質かも…… 後から真相を知っても、余計にウソとホントを隔てるものがよく分からなくなってくる」と彼のイタズラ心を称賛している。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』

2012年4月28日(土)からシネマライズほか全国順次ロードショー
監督:ケイシー・アフレック
製作:ケイシー・アフレック、ホアキン・フェニックス
出演:
ホアキン・フェニックス
アントニー・ラングドン
ケイリー・ペルロフ
ラリー・マクヘイル
ケイシー・アフレック
ジャック・ニコルソン
ブルース・ウィリス
ダニー・デヴィート
ベン・スティラー
ショーン・コムズ(ディディ)
ジェイミー・フォックス
ビリー・クリスタル
ダニー・グローヴァー
配給:トランスフォーマー

(画像:©2010 Flemmy Productions, LLC)

『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
『容疑者、ホアキン・フェニックス』©2010 Flemmy Productions, LLC
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く