ニュース

建築家・坂口恭平の移動式住居制作に密着、記録映画『モバイルハウスのつくりかた』

建築家・坂口恭平の活動から「住むこと」や「生きること」を探っていくドキュメンタリー映画『モバイルハウスのつくりかた』が、6月から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で公開される。

著書の『0円ハウス』『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』などで知られる坂口は、路上生活者の住居の多様性を観察する中で見出した「家」のありかたをもとに独自の住居論を展開し、自ら実践。また、熊本市で震災の避難所と共に立ち上げたDIYな「新政府」の初代内閣総理大臣に就任するといった活動でも注目を集めている。

同作では、坂口が移動型住居「モバイルハウス」を制作する様子を撮影。坂口は、ホームセンターで購入した26,000円分の材料をもとに、多摩川の河川敷に長年暮らす通称「多摩川のロビンソンクルーソー」から手ほどきを受けながらモバイルハウスを完成させるが、設置場所へ移動する前日に東日本大震災が発生する。

監督はドキュメンタリー映画『船、山にのぼる』などで知られる本田孝義。出演者には鈴木正三、船越ロビンソン、隈研吾、磯部涼らが名を連ねており、音楽はあらかじめ決められた恋人たちへの“calling”が起用されている。

なお、中沢新一は同作について「坂口恭平はほんものの天才だ。天才はいつだって危なっかしい。しかしその危うさの中からしか未来は生まれてこない。所有しない、定住しない、固定しない、この三原則からどんな世界が生まれてくるか。僕が大事にしたいと思っている人間の一人が、ここにいる」とコメントを寄せている。

『モバイルハウスのつくりかた』

2012年6月より渋谷ユーロスペースにてレイトロードショー、全国順次公開
監督:本田孝義
音楽:あらかじめ決められた恋人たちへ“calling”
出演:
坂口恭平
鈴木正三
船越ロビンソン
隈研吾
磯部涼
配給:戸山創作所、スリーピン

(画像:『モバイルハウスのつくりかた』)

『モバイルハウスのつくりかた』
『モバイルハウスのつくりかた』
『モバイルハウスのつくりかた』
『モバイルハウスのつくりかた』
『モバイルハウスのつくりかた』
『モバイルハウスのつくりかた』
『モバイルハウスのつくりかた』
『モバイルハウスのつくりかた』
『モバイルハウスのつくりかた』
『モバイルハウスのつくりかた』
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで