ニュース

ピロカルピン、ユニバーサルJからメジャー1stアルバム『蜃気楼』リリース決定

ギターロックバンド「ピロカルピン」のメジャー1stアルバム『蜃気楼』が5月16日にリリースされる。

ピロカルピンは、松木智恵子(Vo,Gt)、岡田慎二郎(Gt)、スズキヒサシ(Ba)、荒内塁(Dr)の4人組。2009年からリリースされた6枚の限定シングルがすべて完売したほか、これまでに3枚のアルバムをリリース。スピッツの草野マサムネや漫画家の日本橋ヨヲコ、みずしな孝之らがアルバムリリース時にコメントを寄せるなど、クリエイターやアーティストにもリスナーを多く持つ。

『蜃気楼』は、レコーディングエンジニアにスピッツやBUMP OF CHICKENなどを手掛ける牧野英司、マスタリングエンジニアにサカナクションや9mm Parabellum Bulletなどで知られる小島康太郎を迎え、鮮やかさと広がりを増した全7曲が収められる。

メンバーの松木は同作について「砂漠の中で見つける理想郷。それが、私にとっての蜃気楼のイメージです。それは、止まってしまいそうな歩みを前に進めてくれる、希望の象徴です」とコメント。岡田は「蜃気楼は光の屈折による現象です。でもそれはニセモノではなくて実体がなければ起こらないのです。ピロカルピンの『蜃気楼』の音が屈折を起こし、みなさんの心に蜃気楼を呼び覚ますことを願っています」とアルバムに込めた思いを語っている。

なお、アルバムのリリースツアーの開催も決定しており、詳細は後日発表される。

ピロカルピン
『蜃気楼』

2012年5月16日発売
価格:2,100円(税込)
ユニバーサルJ / UPCH-1876

1. メトロ
2. 未知への憧憬
3. 暗夜航路
4. よだか
5. タイムパラドックス
6. 祈りの花
7. 不透明な結末

amazonで購入する

ピロカルピン
ピロカルピン
ピロカルピン『蜃気楼』ジャケット
ピロカルピン『蜃気楼』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される