ニュース

100組の新たな才能が集う4日間、恒例アートフェス『SICF』が今年も開催

アートフェスティバル『SICF13』が、東京・青山のスパイラルホールで5月3日から6日の4日間にわたって開催される。

イベント名の『SICF』とは、「スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル」を略したもの。次世代を担う新しい才能の発掘と支援を目的に2000年から公募展形式で開催されており、今年で13回目を迎える。

会期は前半2日のA日程と後半2日のB日程に分けられ、各日50組、両日あわせて100組のクリエーターが出展。絵画や彫刻、インスタレーション、写真、映像などのアート作品を中心に、洋服やインテリア、雑貨などジャンルを問わない展示が行われる。各ブースには出展者が基本的に常駐しており、来場者は作品の鑑賞や購入だけでなく、出展者本人と直接コミュニケーションをとることも可能となっている。

また、審査員には浅井隆(有限会社アップリンク社長、『webDICE』編集長)、佐藤尊彦(ビームス販売促進本部プレス)、紫牟田伸子(編集家)、南條史生(森美術館館長)、岡田勉(スパイラルチーフキュレーター)が名を連ねている。さらに、来場者の投票で決まるオーディエンス賞なども用意されるほか、授賞式の様子はUstreamで配信を予定している。


『SICF13』

A日程:2012年5月3日(木・祝)~5月4日(金・祝)11:00~19:00
B日程:2012年5月5日(土・祝)~5月6日(日)11:00~20:00
※両日程ともに50組2日間ずつ
会場:東京都 青山 スパイラルホール(スパイラル3F)
審査員:
浅井隆(有限会社アップリンク社長、『webDICE』編集長)
佐藤尊彦(株式会社ビームス販売促進本部プレス)
紫牟田伸子(編集家、プロジェクトエディター)
南條史生(森美術館館長)
岡田勉(スパイラルチーフキュレーター)
料金:
1日券 一般700円 学生500 円
フリーパス 一般1,000円 学生700円

(画像上から:『SICF13』ロゴ、津田真希作品、高山雅克作品、高埼紗弥香作品)

『SICF13』ロゴ
『SICF13』ロゴ
津田真希作品(出展:B日程NO.17)
津田真希作品(出展:B日程NO.17)
高山雅克作品(出展:A日程NO.15)
高山雅克作品(出展:A日程NO.15)
高埼紗弥香作品(出展:B日程NO.48)
高埼紗弥香作品(出展:B日程NO.48)
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年